TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本支店・インテリアコーディネーター・木村
本日は東宝ホーム熊本支店・デザイン室、木村のインタビューをお届けします。






熊本県立大学居住環境学科を卒業後、インテリアコーディネーターとしてさまざまなキャリアを重ねています。

■熊本地震を機に住まいへの関心を高める



Q.インテリアコーディネーターを目指した理由は?

A.子どもの頃から家の間取りを見るのが好きで、大学では設計やインテリアについて学んでいたんですよ。最初は設計の方に興味を引かれていたのですが、次第に家具や内装のコーディネートが面白いなと思うようになって。お洒落なカフェを巡るのが好きですし、部屋の模様替えも上手くなりたい…と考えているうちに、インテリアコーディネーターという仕事に憧れを持つようになりました。中でも住宅に関心を持ったのは、学生時代に熊本地震を経験したのがきっかけでした。それまで特に意識していなかった「住まい」というものがいかに大切か、改めて気づかされました。それで卒業後はあるハウスメーカーに就職し、インテリアコーディネートの経験を積みました。

Q.転職のきっかけとなったのは?

A.知り合いの紹介で東宝ホームを知って、インテリアへのこだわりの強さに惹かれたからです。建物の構造上も間取りやデザインの自由度が高く、いろいろな提案をさせていただけるのではとワクワクしました!また一級建築士が多数在籍していて、多くの人から学べる環境にあるのもいいなと思いましたね。何より社内の温かな雰囲気に大きな魅力を感じました。

■ご夫婦それぞれのご意見を尊重したい





Q.木村さんが注力しているジャンルは?

A.カーテンと照明です。カーテンは、両開きを採用するとエレガントやナチュラルな雰囲気になりますし、バーチカルブラインドなどを使って縦のラインを強調するとシャープな印象を演出できます。組み合わせでお部屋の印象がかなり変わりますから、後付けではなく事前に考えておいた方がいいですよ。カーテンボックスなどを活用すれば、よりスッキリとしたインテリアがつくれます。

照明もとても奥が深いんですよ。例えば玄関照明は、手前よりも奥側に設置した方が、格好いい雰囲気になるのでお勧めです。これは先輩から学んだことですが、「サバンナ効果」といって、奥に光があると安心感が生まれて中に入って行きたくなるのだそうです。日々勉強を重ねて、お客様により満足していただけるように努力していきたいです。

Q.接客の時に心がけていることは?

A.ご主人、奥様お二人の意見をそれぞれしっかりと尊重することです。ご夫婦のどちらか一方がたくさんお話しされていると、もうお一人のご意見を聞きそびれてしまいがちですが、お家は住む人全員にとって心地いい場所であってほしいと思うのです。私自身も最近結婚し、家庭でどう過ごすか?ということにより意識が向くようになりました。打ち合わせでは、お客様が選ぶことに疲れてしまわないように、ある程度の方向性をご提案しつつ、お二人のご希望が叶うように持っていくことを心がけています。

Q.これから家を検討する方へメッセージをどうぞ

A.東宝ホームのスタッフは皆、気さくで相談しやすい人ばかりなので、安心して家づくりを進めることができると思います!お客様のお話をしっかり伺って、より良いインテリアをご提案できるように一生懸命頑張りますので、なんでもお気軽にご相談ください♪

Q.休日の趣味は?

A.アミュプラザの韓国料理店が好きで、お休みの日は食べに行ったりしています。それから温泉も好きなんですよ。おすすめは「ばってんの湯」です。温泉にゆっくり浸かると疲れも吹き飛びます♪

\宿泊体験が出来るモデルハウスはこちら/

2022.04.28 16:03 | 固定リンク