TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本・営業スタッフ坂西
本日は営業スタッフ・坂西のインタビューをご紹介します。

新卒で入社した28歳。熊本支店のムードメーカー的な存在のスタッフです!



■良い家は子どもを幸せにする、と信じ住宅業界へ

Q. 住宅業界を志したきっかけを教えてください。

A. 子どもに関わる仕事に就きたくて、もとは教師になるつもりで大学へ進学しました。ですが、次第に「子どもの育つ環境」に興味が湧いてきたんです。家を建てるということは家庭にとって重要な転機ですよね。いい家を建てれば、子どもにとって良い環境を提供することにつながるのではと思い、住宅業界に関心を持ちました。説明会では50社ほど回ったのですが、その中で特に魅力を感じた東宝ホームへ就職しました。

Q. 東宝ホームのどこに興味を持ちましたか?

A. 私は喘息をもっていたので、体に優しい家づくりに興味があったんです。家の結露によってカビやダニが発生し、喘息やアトピーの原因になるため、そうならない家を造っているハウスメーカーを探しました。東宝ホームは「ハイブリッド・エア・コントロール」という壁の中に空気を循環させるシステムを採用しているのですが、そういう壁内通気システムを取り入れているメーカーは、私が見て回った限りでは東宝ホームだけでした。実際、モデルハウスなどで過ごしていると喘息の発作が出ないんです。これはすごいと思いましたね!



■相手を思いやる気持ちを仕事から学んだ

Q. 新卒で入った当初の思い出は?

A. 入社まもない頃、全社員の前で話をする機会があり、いきなり「社長になります」なんて宣言して場をしらけさせてしまいました(笑)。会社に所属している限りは自分を守ってもらっているので、その分自分も貢献したい、良くしていきたいという思いが強かったのですが、やり方を間違えました。入社して学んだことは、「相手に軸をもっていくこと」です。学生の頃は自分の視点からしかものが見えていませんでしたが、お客様から見たらそんな営業は魅力がありません。自分の力を注ぐことによってお客様、会社、地域社会に良い影響を及ぼしたい、自分の働きの先に笑顔になる人がいるかどうか、という視点が持てるようになりました。

Q. 心がけていることは?

A. 独りよがりにならないことです。お客様の価値観は人それぞれ違いますから、その方にとっての最善とは何かを考えるようにしています。まだ修行の最中で、いろいろな人の助けを受けながら試行錯誤して取り組んでいますね。職場の好きなところは、皆がONE FOR ALL, ALL FOR ONEの精神や思いやりを持っているところです。ですから私も何かを頼まれた時は、自分を頼りにしていただいていると思って2つ返事でやると決めています。

Q. お客様にPRしたいところは?

A. 一番お伝えしたいのは「1つも妥協がない家づくりをしている」ということです。大手メーカーは利益を株主に配当しなければならないので、断熱性能、構造体、基礎、換気など全てを万全にすることはなかなかできないものですが、東宝ホームはそこを際限なくこだわりまくっています!全部に自信を持っているので、営業スタッフに聞いていただければ皆が喜んでお話しますよ!
2019.12.03 03:08 | 固定リンク | 会社・スタッフ