TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
建築士が語る住まいのアイデア|お洒落にしたいなら軒裏にこだわりを
家の顔である外観は、お洒落に恰好よくしたいものですよね?

しかし外観にお金をかけると、かなりの予算オーバーになってしまうことも…。

少し予算をプラスするだけで見栄えを変えるには、どうすれば良いのでしょうか?

当社の建築士・谷にポイントを聞きました。





■軒裏が家のステータスを決める
谷建築士が家の外観で重視しているのは【軒裏】。壁よりも外に出ている屋根の裏側の部分で、軒天井や軒天と呼ぶこともあります。

家の外観というと壁や屋根に目が行きがちです。玄関先でふと見上げた時に目に入る軒裏は、意外にも家の見栄えを大きく左右するものなのです。

軒裏まで気配りが行き届いている家には、そこはかとなく個性や風格が表れます。



■高級感を出すには木目の天井材がおすすめ
軒裏は一般的にペンキで塗装されているものが多いので、ちょっと高級感を出したいときには継ぎ目が目立たないように気を遣ったり、味のある色むらが表現されている木目調の天井材を使うのもおすすめです。

外装の中では比較的リーズナブルにランクアップできる部分ですから、家のお洒落をしたいなら軒裏にこだわってみてはいかがでしょうか?

シーズンテラス出水にある当社のモデルハウスにも、谷イチオシのシームレスの木目調天井材を使用しています。デッキ部分の軒裏にはダウンライトも付いているので、夜はさらにムーディーないい雰囲気ですよ!

お越しの際にはぜひご注目ください。

次回は間接照明のポイントをご紹介します。
2019.05.14 06:12 | 固定リンク