TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
人気の間取りご紹介【リビング編】|東宝ホーム熊本
今回は「リビング周りの間取りってどうやって決めればいいの?」とお悩みの方にピッタリのテーマです!

東宝ホーム熊本支店で人気の間取りや、「こういうご家族におすすめ」というポイントをご紹介します。





■和室とLDKの位置関係を決めると動線がつくりやすい
まずは1階の和室とLDKの位置関係を決めましょう。

例えばお客様が多いご家庭の場合、左の写真のように玄関に入ってすぐ横に客間用の和室をつくっておくと、生活感の出やすいリビングを来客から見られずに済みます。一方で、この間取りだとお子さんが帰宅した時、リビングを通らずに2階の自室に行けることになるので、お子さんの様子を見守りたいご家庭には向きません。

それと比較して、右の写真のように玄関→LDK→和室という順にした場合、帰宅したら全員がリビングを通ることになります。お客様が少なく、家族間のコミュニケーションを大切にしたいご家庭にはこちらの方がおすすめです。

また、玄関を北側にするか南側にするかによっても間取りは変わってきます。LDKにたっぷり自然光を取り込みたい場合は、2つの写真のように北側に玄関を置くと、南側全面をLDKで占めることができます。



■キッチンとダイニングを横長に配置するのが最近のトレンド
最近、お客様に好評なのが、写真のようにキッチン→ダイニングを横長につなげる間取りです。

キッチンの向かい側にダイニングがある場合、お料理を出すのにわざわざ回って行かなければなりませんが、写真のような配置だと、できたお料理を横に流すだけで良いので家事がずいぶん楽になるんですよ♪

このように、普段ご家庭でどのような動きをしているかを思い出しながら考えていくと失敗がありません。

東宝ホームでは豊富な実績を元に、丁寧にヒアリングをしながら生活しやすい間取りをご提案しています。

お悩みの方はお気軽にご相談くださいね!
2019.03.12 02:56 | 固定リンク