TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

家計の総支出を考える家づくり
皆さまはマイホームの高い・安いをどのようにして判断されていますか?

建物の価格が安ければお買い得のように感じるかもしれませんが、家は買った時だけでなく、その後のメンテナンスにもお金がかかるものです。

ですから住んでいる間の数十年間にかかる費用も合わせて計算しなければ、本当に「お買い得」な家かどうかは分かりません。



■一般住宅と省エネ住宅では、電気代が月額1万円以上違う!?

例えば、2,200万円(月々払い61,000円)の一般住宅を買った場合と、2,500万円(月々払い70,000円)の省エネ住宅を買った場合を比べてみましょう。

家のローンだけを比べると、省エネ住宅の方は月額の出費が9,000円高くなります。

しかし、一般住宅では毎月の光熱費が23,000円かかるところ、省エネ住宅は11,000円で済むとしたらどうでしょう?

一般住宅は61,000+23,000=84,000円、省エネ住宅は70,000+11,000=81,000円で、省エネ住宅の方が3,000円分出費が安くなるのです。

ちなみに断熱性能の高い東宝ホームで家を建てたお客様の場合、月額の光熱費が9,000円に下がったという方もおられるので、実際はもっとお得になる可能性もあります♪



■35年間のメンテナンス費の差はおよそ750万円にも!

さらに一般住宅に35年間住むとしたら、屋根や外壁の補修、シロアリ対策に合計800万円程度がかかると言われています。月額に換算すると19,000円です。

一方、東宝ホームのように強度が高く、シロアリ対策も徹底している高性能住宅の場合は、初期費用は高くなるものの、35年間のメンテナンス費は(住まい方にもよりますが)およそ50万円程度で済みます。月額に換算すると1200円程度です。

つまり住宅ローンと光熱費、メンテナンス費を合計すると、一般住宅よりも高性能住宅の方が、【月額2万円以上も出費が安く抑えられる】ことになるんですよ♪

このように【家計の総支出】からお買い得な家を探すと、失敗が少ないということを覚えておいてくださいね♪
2019.02.28 03:01 | 固定リンク | 家づくり