TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

年月を重ねても新しさを感じさせるモデルハウス【熊日RKK住宅展】


本日は熊日RKK住宅展をピックアップ!


 


こちらのモデルハウスは、北九州の方から「デザインが好きなので見せてほしい」と問い合わせがあったり、「内観も外観もそのまま取り入れたい」と希望されるお客様もいたりするほど安定した人気を誇っています。


 


多くの人を惹きつける魅力はどこにあるのでしょうか?


 




Point1:古くから愛される寄棟造の屋根




このモデルハウスの特徴は、寄棟造(よせむねづくり)と呼ばれるオーソドックスな屋根。


正倉院や東大寺などの歴史的建造物も寄棟で造られています。


 


今はボックスタイプなどの家も流行していますが、風格のある寄棟はいまだに根強い人気を誇っているんですよ。


 


軒が深く出ている昔ながらの造りでありながら、どこか新鮮な印象を受けるデザインもポイントです。ヴィンテージ感のある良質な素材を使っているからこそ、年月が経つほどにより深みを増す味わいを感じさせるのです。


 








Point2:美しいウォールナット材の内装




 


来場したお客様を虜にしているのは、シックな色合いの内装です。


 


床や壁の一部にウォールナット材をふんだんに使い、統一感のあるデザインに仕上がっています。


 


キッチンの背面にも木材を取り入れるなど、斬新な素材使いがお洒落ですよね!


横に流れる水平ラインを強調し、コントラストの強いカラーリングをすることで重厚感のある雰囲気になっています。


 











Point3:間接照明を駆使した空間演出術




 


館内に入ると「なんだか落ち着く♪」というお客様も多いんです。その秘密は間接照明。


 


玄関、和室、リビング、キッチン…と見て回っていただくと分かる通り、統一された色合いの間接照明がやさしく壁を照らしています。


 


特にご注目いただきたいのは、2階寝室横にあるバルコニーの照明です。屋外をあえて明るく照らすことによって、寝室から見る景色がまるで一枚の絵画のように美しく演出されているんですよ。


 


ぜひ日が暮れかけた頃にご来館いただき、ご覧になられてください。


 


他にはキッチン~ダイニングの動線や、寝室にある造作棚の収納力を気に入ってくださるお客様も多いです。実際に見て確かめてみませんか?


 


たくさんの方のご来場、お待ちしております♪



2020.05.14 19:00 | 固定リンク | 家づくり