TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本東店店長代理・辻
本日は熊本東店・辻のスタッフインタビューをご紹介します!

自身を「マニアックで人付き合い下手な営業」と称する辻ですが、温かみのある人柄でお客様に大人気。スタッフも一番の信頼を寄せる存在です。



■一度住宅業界を離れて気がついた魅力

Q.東宝ホームへ入る前は何を?

A.大学で建築学を学んだので、卒業後はある大手の住宅メーカーに入社しました。ですが本来は技術系に進むべきところ、配属されたのが営業部で。もともと人と話すのが苦手だったのに家を売らなければならず、もっと自分に合った職種があるのではと思い、転職してしまいました。その後、半導体を造るメーカーで海外勤務をしたり、友人と介護に関連する会社を起業したりとさまざまな仕事を経験しましたが、子どもが生まれたのを機に安定して働ける場所を求めて東宝ホームに入社しました。

Q.再び住宅営業に携わることになったんですね?

A.そうなんです。話すのが下手なのには変わりなく、最初は途方に暮れました。優秀な上司や先輩のスタイルを真似しようと試みたこともありましたが、持っている才能が違うので無理で(笑)。ですが、東宝ホームの基本理念である「お客様目線で動く」という視点で仕事を捉えるようになったところ、次第に意識が変化していきました。

Q.どう変わったのですか?

A.昔は営業とは「家を売る仕事」だと思っていたのですが、そうではないと気がつきました。要は「人付き合い」なんです。上司のアドバイスを受け、「目の前の人を大切にすること」、「相手に信頼してもらうために自分をさらけ出すこと」に注力していった結果、少しずつですがお客様といい関係が築けるようになりました。

住宅営業はお客様と長くお付き合いすることになるので、初めて会った時に小さかったお子さんが、成長してお父さんと同じ職業に就くまで見届けられたりもします。そこまで深いお付き合いができるのが仕事の魅力です。お客様からも「親戚のおじさんみたい」と言われることもあるんですよ(笑)。



■コンプレックスがあるからこそ頑張れる

Q.東宝ホームの特長は何だと思いますか?

A.支店全体、会社全体でお客様への気持ちを共有しようとできる限りの努力をし、皆が動いているところではないでしょうか。商談が得意な人、プランニングが上手い人、土地探しに長けた人など、それぞれが能力を発揮し、連携して一人のお客様を支えているのが特長だと思います。私もまだ話下手を克服できてはいませんが、そんな環境だからこそコンプレックスをバネにして頑張れている気がします。

Q.休みの日のリフレッシュ法は?

A.ジムに行ったり、ランニングをしたりと体を動かしています。また「フライトレーダー24」という、リアルタイムで飛行機が飛んでいる位置を見られるアプリが好きで、それで着陸の時間をチェックして熊本空港で写真を撮ったりもしています。車も好きなので、レース会場に行って爆音を聞くのにもハマっています。かなりマニアックな趣味ですが(笑)、お客様との会話のきっかけにもできていいですよ。
2020.04.30 19:00 | 固定リンク | 会社・スタッフ