TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフの回顧録【辻編】~
本日は熊本東店店長代理・辻のお客様との思い出をご紹介します。

東宝ホーム熊本支店へ入社して7年。
これまで多くのお客様と接してきた辻が、忘れられない出来事とは?



■どんな時もお客様の一番の味方でありたい

Q.これまでに出逢ったお客様で、特に印象に残っている方は?

A.全てのお客様に大きな影響を受けているので、選ぶのが難しいですね(笑)。ですが全部がうまくいった時よりも、何か心配な出来事があって悩んだ思い出の方が強く残っています。そういう時こそ、自分が成長させていただいているように感じるんです。

中でも、地震の影響で工期が延びてしまったお客様のことはすごく印象に残っています。お客様に「いつ再開するのか」と不安な思いを抱かせてしまい、大変申し訳なかったと思っています。

Q.そのお客様にはどのように対応を?

A.私にできることはお客様の立場で寄り添うことだと思い、とにかく気になることは何でもすぐに話していただくように心がけました。小さな不安を放置すると、それが大きな疑心につながってしまうこともあります。

当然ながら人はそれぞれ感覚が違いますから、お客様ご自身のお気持ちを深くくみ取って、モヤモヤが蓄積しないようにしなければ、と考えました。直接言いづらいこともメールで伝えていただくようにしたところ、だんだんとお客様の本音を知ることができるようになりました。



■営業の仕事は「人付き合い」

Q.お客様との関係はその後どうなりましたか?

A.無事にお引渡しをすることができ、その時にはメールで「いろいろありましたが、今後も宜しくお願いします」というお言葉をいただきました。今でも月に1度くらいメールをいただいて、一緒にご飯に行ったりもしているんです。「今月も光熱費がすごく安かった」といったことも報告してくださるので、快適に住んでいただいているんだなと私も嬉しくなります。

Q.それは良かったですね!

A.長く住宅業界にいると、初めて家を建てる方がどんなお気持ちなのかを忘れてしまいがちですが、目の前のお客様としっかりと向き合うことでその感覚に気づかされます。営業の仕事は「接客」ではなく「人付き合い」なんだということを、改めて感じた出来事でした。


次回は辻の仕事へかける想いをお伝えします。
お楽しみに!
2020.04.23 19:00 | 固定リンク | 家づくり