TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフ回顧録Part2~
一軒の家が建つまでには、心温まるドラマの数々がある。

本日も、東宝ホーム熊本で家を建てられたS様ご一家との思い出を、スタッフインタビューで振り返ります。



■プライベートを満喫できる、お洒落で使い勝手の良い家に

Q.家づくりにあたってS様からはどのようなご要望がありましたか?

【担当スタッフ・岩崎】
1階に主寝室とファミリークローク、食品庫を設けたいと希望されていたので、それを元に間取りをご提案しました。キッチン、ダイニング、ファミリークローク、洗面所がひとまとまりになっているので、家事動線はとても良いと思います。

【熊本南店店長・坂木】
ご家族皆さんのために、玄関に広い収納スペースも設けました。階段下まで全て収納に使えて、土間からもフロアからもアプローチできるので「これはいいな」と私も思いましたね。

【岩崎】
奥様はシンプルでスタイリッシュな雰囲気がお好みでしたので、内装は清潔感のある白で統一しました。一番こだわったのは中庭です。外からは見えないように家の中にコの字型の庭を造ったのですが、小さいお子さんも安全に遊べますし、防犯面でも優れていると思います。タイル張りで見た目もすごく素敵です。

■「お姉さん」と呼んでくれるお子さんたちに癒された

Q.S様ご一家との思い出は?

【岩崎】
小さいお子さんが2人いらっしゃって、会うたびに「お姉さん」と呼んでくれるのが嬉しくて!私もニックネームで呼ばせてもらって、プランニングや色決めの間には一緒に遊んだりもしていたので、家が完成するまでにはすっかり仲良くなっていました。

【坂木】
岩崎は子どもに好かれるのが特技なんですよ(笑)。ご主人は男気のある方で、奥様とお子さんをとても大切にされている様子が印象的でしたね。

Q. 家が完成してからのご感想は?

【岩崎】
施工精度を検査する「施主立ち合い」の時は、「想像していた通り、いや、それ以上!」と喜んでくださり、時間をかけて見回ってくださいました。特にキッチンを気に入っていただいたようです。フルフラットでありながらも収納や冷蔵庫は全て隠せるように工夫したので、すっきりしていて美しいんですよ。

素敵なマイホームが完成したS様ご一家。

これから1年を通して住み心地の良さも実感していただけますと幸いです!

どうぞ、これからも末永いお付き合いを宜しくお願いいたします。
2019.08.29 03:35 | 固定リンク | お客様事例
お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフ回顧録Part1~
家づくりはお客様にとって人生の一大イベントです。

1軒の家が完成するまでには数多くの迷い、発見、喜びの体験があり、唯一無二のドラマが生まれます。

そんな家づくりのドラマの数々を、今後スタッフインタビューを通じて不定期でご紹介していきます。

今回はS様邸(担当:岩崎)のご紹介です。



■打ち合わせで意気投合!構造や性能に魅力を感じる

Q. S様が東宝ホームに来られたきっかけは?

【岩崎】
「土地を探している」とお電話をいただいて、シーズンテラス出水にご来場いただいたのがS様との最初の出逢いです。最初は奥様お1人でのご来場でした。展示場のご見学は初めてだったそうで、少し緊張されていましたが、女性同士楽しくお話させていただきました。

Q. その後、ご主人も一緒に打ち合わせを?

【岩崎】
そうですね。ご希望に合う土地を仮押さえした後に、ご主人も一緒にあらためて東宝ホームの家の構造や性能についてご説明させていただきました。「高断熱ZEHの家だと月々の光熱費が安くなる」「外壁や屋根の品質にこだわっており、将来のメンテナンス費用も抑えられる」という話に興味を持っていただけたようです。

【熊本東店店長・坂木】
S様ご夫婦と岩崎の打ち合わせ風景がとても楽しそうだったので、いい関係が築けそうだなという予感はありましたね。以前お住まいだったマンションのカビや結露、湿気を気にされていたとのことで、建物の通気性を高める東宝ホームの「ハイブリッド・エア・コントロール」システムにも関心を寄せていただきました。



■「絶対東宝ホームがいい」とご友人が太鼓判!

Q.とても良い雰囲気で打ち合わせが進んでいったのですね。

【坂木】
S様とはさらに深いご縁があったんですよ。S様のご友人が偶然当社のお客様で、私が担当させていただいた方だったのです。S様はその方に「他のメーカーも見て回った方がいいか迷っている」と相談されたそうですが、ご友人はきっぱりと「東宝ホームがいい。いろいろ回るのは時間がもったいないよ」と。そのお言葉が後押しになり、当社に決めていただきました。

【岩崎】
そこまでおっしゃってくださったなんて、本当に嬉しいですよね!当社の家づくりへの考え方や性能、相談しやすさを気に入っていただいたようで、ご期待に応えなければと私も身の引き締まる思いでした。

(つづく)

※次回はS様邸のこだわりポイント、お引渡しまでの流れについてお伝えします!
2019.08.22 05:32 | 固定リンク | お客様事例
プロが創るこだわりの家とは【建築士の自邸紹介】
家の設計から建築工事の管理まで、家づくりの全てに関わる建築士。

住宅のプロフェッショナルである建築士が自分の住まいを手掛けるとしたら、どのような家を創るのでしょうか?

今回は東宝ホーム熊本の一級建築士、岡本が約1年前に建てた自邸をご紹介します。







■機能性と非日常空間の融合。自然に溶け込み、優しい風を感じる場所

市街地から程近い、小高い丘陵地の頂。袋小路の突きあたりにその家はあります。

敷地の北側には、ケヤキの大木を中心とした樹木の杜が。

その豊かな「自然に寄り添い、共に生きる住まい」が、岡本邸のコンセプトです。

玄関に入るとまず目を引くのが、完全造作で造った木組の引き戸。

プライバシーを守りながらも人の気配が感じられ、玄関ホールに明るさを確保する役割も果たしています。この家の「顔」として相応しい存在感ですね。

こちらの住宅は平屋でLDKを中心とした造りになっており、建坪19坪ながらもご覧の通り、開放的で伸びやかな空間が広がっています。

その秘密は、天井の高低差。

吹き抜け以外の天井の高さは2.2mとかなり低めになっているのですが、低く奥行きのある空間は視覚的に実際よりも広く見える効果があるのです。

「天井は高いほど広く見えるはず」という先入観を覆す、住空間を知り尽くした建築士ならではの工夫です。

屋根なりの吹き抜け越しにあるのは、和の趣あふれるロフト。ここに設置された窓から風が抜けることによって、屋内のどこに居ても自然の気配が感じられます。







■照明による演出で日常をより優美に

各部屋にはダウンライトが少なく、低い位置に照明が設置されているのもポイントです。

ベッドサイドの照明もあえて低めに設けることで、ゆったりと落ち着いた雰囲気が醸し出されています。

コンセントなど生活感の出るものは目立たないように配置されており、それが家全体の「非日常感」を高めています。

空間の演出に関しては、インテリアコーディネーターである奥様のアイデアも多く取り入れられているそうで、住宅のプロ同士がこだわり抜いたからこそ出来た「理想の住まい」と言えるでしょう!

岡本邸の詳細につきましては、当社の展示場にてご紹介しています。

興味を持たれた方は、スタッフへお問い合わせください。
2019.08.16 05:35 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【外断熱】の東宝ホームにすると、光熱費はどう変わる?
光熱費の請求書を見て「わっ!高い!」と驚いたことはありませんか?

特に金額が上がるのは、寒い真冬と今のような暑い時季ですよね。

それもそのはず。光熱費の中で一番大きな割合を占めているのは、冷暖房費だからです。

では、冷暖房費を抑えるには?じっと我慢?

いいえ!家の断熱性能を高めれば、我慢しなくても冷暖房費がかからなくなるんですよ。

【高い断熱性能】が自慢の東宝ホームの家に住むご家族の光熱費を見てみましょう。



■3人家族で月々の光熱費6,000円以下も夢じゃない!?

当社のお客様・N様邸(オール電化)に届いた11月分の電気代明細書を見てみましょう。

こちらのご家庭は旦那様、奥様、小学2年生のお子さんの3人家族。

旦那様が夜勤のあるお仕事ということもあり、昼間を含め一日中誰かが家にいることが多いそうです。

そうなると必然的に電気代も多くかかるのでは…と思いきや、この月の金額はなんと!まさかの5,936円!

平均的な4人家族の電気代は2万円超、ガス代約1万円を含めると合計約3万4千円になると言われていますから、平均よりもはるかに安い光熱費で済んでいることになります。

真冬の12月でも7,263円とかなり安かったそうで、驚いたN様が担当スタッフに明細を送ってくださいました。ありがとうございます!

N様邸だけが特別というわけではありません。

上の写真は、別のお客様・A様邸(旦那様、奥様、小学生のお子さん2人)の12月分の電気代明細書です。

ご覧のとおり、こちらも驚きの7,840円!年間を通して概ね月平均1万円以下だそうです。

4人暮らしで、育ち盛りのお子さんもいらっしゃるのにこの金額は凄いですね!





■冷暖房費が安い!その秘密は【外断熱】

東宝ホームの家の冷暖房費が安い秘密は、断熱材で家全体を丸ごと覆う【外断熱工法】です。

一般的な住宅では断熱材を「柱と柱の間」に入れることが多いのですが、この工法だと柱を通じて外気の温度が家の中にそのまま伝わってしまいます。

一方、東宝ホームでは「柱の外側」から高性能の断熱材で家を覆っているため、外の気温が室内に伝わりにくいのです。

床下の基礎部分も断熱材でガード。そして1年中適温である「地熱」を有効活用し、これを壁の中に通すことで夏は涼しく、冬は暖かい状態にしています。

さらには、屋根は「2重構造」にして太陽の熱をしっかりと遮断!

このようにして家の上下、側面のどの方向からも外気をシャットアウトすることで、室内を適温に保っているんですよ。

今の暑い時季でも、少しのエアコンで家中快適に!

涼しさを体験したい方は、ぜひ当社のモデルハウスにお越しくださいませ。
2019.08.06 05:39 | 固定リンク | 家づくり
営業マンはお客様に寄り添うパートナー~スタッフ回顧録Part1~
本日のスタッフインタビューは、熊本南店店長・坂木です。

営業マンとして数多くのお客様と向き合ってきた坂木に、最初のお客様との思い出や仕事のやりがいについて聞きました。



■土地探しドライブでお客様と親睦を深めた

Q.東宝ホームで初めてのお客様はどんな方でしたか?

A.分譲地の見学に来られたお客様でした。土地選びで迷っていらっしゃったので、「ドライブ気分でいろいろ見に行きましょう」とお誘いして一緒に探し始めたのがお付き合いの始まりです。暑い時季で、汗だくになりながら最寄り駅から歩いて距離を確かめたりもしました(笑)。そうするうちに、ある土地を気に入っていただいて。初めの出会いから1ヵ月くらいで決めていただきました。

Q.それは早いご決断でしたね。

A.そうですね。当時は入社したばかりで現在ほどご提案の資料も少なく、なぜご契約いただけたのか自分でも不思議だったのですが(笑)、「東宝ホームで建てられる土地でなければ諦める」とまで言って、見つかるまで付き合ってくださったんです。それからはすぐに図面とスケジュールを用意して、即断即決で話が進んでいきました。

Q.家が完成してからのご感想は?

A.にぎやかなエリアだったので、完成するまでは外の騒音が響かないか気になっていましたが、住み始めてからは「ほとんど気にならない」と満足されているそうです。お引渡しから数年が建っていますが、室温の快適さも好評いただいていますね。完成した後も何度もお会いしていますし、イベントなどにもよく顔を出していただいて親交を深めています。



■常に全力で向き合うことが信頼につながる
Q.仕事の際に心がけていることは?

A.お客様のご要望はその方によってさまざまですが、皆様が一番必要としているのは「パートナー」だと思います。ですから、何でもご相談いただける関係性をつくることを大切にしています。理想とするのは、バスガイド。「この人がちゃんと目的地まで導いてくれる」と思っていただけると、安心して任せてくださるのではないでしょうか。

Q.お客様に求められていることは何だと思いますか?

A.家づくりに関してだけでなく、お客様にとって「良い暮らし」とは何かを一緒になって考えることでしょうか。一つ忘れられない出来事がありまして、私がまだ駆け出しの営業マンだった頃、大分のご両親を熊本に招いて2世帯住宅を建てたいと相談されたことがあったのです。しかし、ご両親は最初乗り気ではありませんでした。そこで私は休日に大分まで出向いて、息子さんがいかに高齢のご両親を心配されているかお伝えしました。そうしたら、なんとすぐに荷物をまとめて熊本に来てくださったのです。その時、お客様と真剣に向き合えば気持ちは伝わる、自分が担うべき役割を果たせると確信しました。

Q.どんな時にやりがいを感じますか?

A.やはりパートナーとして認めていただいた時です。「東宝さん」ではなく、「坂木さん」と名前で呼ばれると、信頼してもらえたのかなと嬉しく思いますね。担当させていただいた全てのお客様にそれぞれ違うエピソードがありますし、かけがえのない思い出がたくさんあります。時代が変わっても、パートナーとしての営業マンの役割は変わらないと思います。
2019.07.25 05:41 | 固定リンク | 会社・スタッフ