TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本・営業スタッフ和田
本日は営業スタッフ・和田のインタビューをご紹介します。

海外在住経験の豊富な国際派!広い視野を持って家づくりに取り組んでいます。



■台湾から一時帰国。その時、熊本地震が…

Q.前職は何をしていたのですか?

A.台湾の飲食店で勤務していました。就職のきっかけは少し変わっていて、たまたま旅行先で仲良くなった人から「今度台湾に店を出す」と聞いて、「私も働かせてください」と飛びついたんです。
学生時代に海外留学していたこともあり、海外で働くのが夢だったので。勢いで就職したのは若かったからでしょうね(笑)。カレーを出す店で、調理や接客を担当していました。

Q.それからどういう経緯で帰国したんですか?

A.ビザの更新が必要になって実家のある熊本に帰省していた時に、熊本地震が起きたのです。大きな被害を目の当たりにしてとても台湾に戻る気になれず、両親を安心させたくて熊本から転勤のない会社を探して転職活動を始めました。

Q.住宅メーカーを選んだ理由は?

A.地震のこともあり、これからは住宅業界に注目が集まると思ったからです。
そして「自分ならどんな家に住みたいか。結露する家は嫌だ、健康にやさしい家がいい」と探していった結果、たどり着いたのが東宝ホームでした。
もちろん、健康に配慮した住宅は他にもありましたが、一番興味を惹かれたのが東宝ホームだったんです。



 

■お客様に安心して決断していただくため、情報収集は万全に

Q.実際に入社してみてどうでしたか?

A.思っていた以上に温かい職場でしたね!
前職では時間に追われて仕事の話しかできなかったのですが、住宅営業は会話するのが仕事なので、みんな話好きですぐに相談に乗ってくれるんです。プライベートのことも気負わず話せる環境っていいなと思いました。

Q.仕事をしてみて意外だったことは?

A.マイホームを決めるのは人生の一大事なので、じっくりと時間をかけて選ぶイメージがあったのですが、短期間で決断される方が多いのは意外でした。
実情を言うと、良い土地はすぐに売れてしまうので早く決めざるを得ない部分もあるんです。そのため、営業はお客様に安心して決断していただくための材料をいち早く用意しなければなりません。
私も「次までに調べます」ではなく、先読みして土地情報、周辺環境、補助制度などお客様にメリットがある情報をあらかじめ集めるようになりました。

Q.苦労したことはありますか?

A.前職では長時間お客様と話すことがなかったので、最初は会話を続けるのが大変でした。用意していた話題を全部話し切ってしまって途方に暮れたこともあります(笑)。
そんな時先輩から「まずはお客様の話をよく聞くことだよ」とアドバイスしてもらい、ずいぶん助けられました。いかにお客様が質問しやすくするか、の方が大事なんだと気づいて。

今では「他で相談できなかったこともあなたには話しやすい」と言っていただくことも増え、心を開いていただけるようになったのが嬉しいですね。今後は先輩方のように資格をもっと取って、ご提供できる知識量を増やしていきたいと思っています。

Q.休日のリフレッシュ法は?

A.最近海釣りにはまっていて、ようやく道具を一式そろえて本格的に始めたところです。釣りの上手なお客様もいらっしゃるので、教えていただきながら上達したいです!
2020.01.30 01:48 | 固定リンク