TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

2月に新しい展示場が完成します!
早いもので、今日で一月も終わりですね…。

今回は、来月2月に完成予定の新・展示場についてご紹介します!

シーズンテラス出水の宿泊体験展示場にお越しくださったお客様はもうお気づきかもしれませんが、実は宿泊棟の横に現在、新しい建物を建設中です!



■インフォメーションセンターを兼ねた新しい拠点
シーズンテラス出水内にあるインフォメーションセンターは仮設の建物だったため少々狭く、お打ち合わせの際などにはご不便をおかけしておりました。

現在建設中のモデルハウスは、東宝ホーム最新の技術や工夫がたくさん詰まった力作です。より快適に、ゆったりとお過ごしいただけるようになると思います。

この春まもなく完成予定です。詳細はあらためてご紹介させていただきますので、お楽しみにお待ちくださいませ!

■シーズンテラス出水第2期分譲中!
また、シーズンテラス出水では現在、新たに分譲地を造成中です。

ショッピングモールそばの人気エリアですので、ご興味のある方はぜひぜひ、お早めにご連絡いただけますと幸いです♪

その他にもいろいろとご案内できるエリアがございます。お気軽にお問い合せくださいね!
2019.01.31 04:16 | 固定リンク | 住宅展示場
【家づくりの豆知識】家に使用する木材はどれがいい?
今回のテーマは「木材」です!

家の柱に使う木材というと、天然の木である「無垢材」と、薄く切った木を接着して作った「集成材」がありますよね?

まずはそれぞれの特徴をご説明しましょう。

■無垢材も集成材も一番の懸念は【含水率】



一般的に「丈夫で高価」とされている無垢材は、大木の表面に近い部分をカットして作られたものです。

芯に近い、年輪の中心部分を使った無垢材は若いのでそれほど丈夫ではないのですが、市場に流通しているものの多くは若い無垢材です。その分、安く手に入れることができます。

一方で集成材はさまざまな材木を貼り合わせているため、品質にばらつきが少ないのがメリット。しかし質の悪いものだと接着剤の劣化で早く寿命が来てしまうものもあります。

そして両方に共通する欠点が、木に含まれる水分量が高いことです。

含水率が15%以上だと腐朽菌が発生しやすいのですが、一般の無垢材には約25%、集成材でも15~20%の水分が含まれているのです。

湿度の高い熊本では、これは無視できませんね…。

■東宝ホームの木材は【JWOOD】
では東宝ホームではどんな木材を使っているのかと言うと、JWOODという特殊な構造材です。



これは薄く切った木を貼り合わせている点は一般の集成材と同じなのですが、貼り付ける前にしっかりと乾燥させているため含水率はなんと8%!

腐れにくいばかりか、これ以上乾燥することがないので木が痩せにくく、割れにくいというメリットもあるんです。

300年持つとも言われるJWOOD。お店ではさらに詳しく説明させていただいていますので、ぜひスタッフにお声がけくださいね♪
2019.01.29 04:17 | 固定リンク | 家づくり
東宝ホームの神髄を体感できる!2つの住宅展示場
皆さまは住宅展示場巡りはお好きですか?

素敵な家の数々を見ていると、これから建てたい家の具体的なイメージが湧いて楽しいですよね!

展示場にはそのハウスメーカーの技術やセンスが詰まった渾身の作品がそろっています。

ですからちょっぴり現実離れした豪華な造りになっていますが、その分、そのメーカーの特性や強みがはっきりとわかるので比べてみると興味深いですよ。

もちろん、東宝ホームのモデルハウスもそれぞれに魅力的なコンセプトがあり、高い機能性やデザイン性で訪れる方々を惹きつけています。

■「つながり」を大事にする熊日RKK住宅展のモデルハウス
熊日RKK住宅展のモデルハウスのテーマは「つながり」。





各スペースの仕切りを極力なくし、開放感と伸びやかさを感じる空間になっています。

一番の注目ポイントは小屋裏収納で、天井に窓がついていて屋根裏の構造を直接目でご確認いただけるんです。

これは造りに自信がある東宝ホームだからこそできることなんですよ♪

■【外断熱の東宝ホーム】の実力を体感できるKTTエコラスのモデルハウス
KTTエコラスのモデルハウスは、東宝ホームの強みである「性能」と「課題解決力」を生かしたチャレンジングな家です。





特徴の一つが「吹き抜け」です。吹き抜けの家は一般的に寒いと言われますが、そこは【外断熱】の東宝ホーム。暖かさが違います!

また、「日当たりは欲しいが、人目は避けたい」というワガママな願いを叶えるべく、中庭を取り入れたユニークな造りも見どころです。

それぞれのモデルハウスに違った魅力があるので、ぜひ両方に足を運んでみてくださいね♪
2019.01.24 04:19 | 固定リンク | 住宅展示場
モデルハウスに住んでみよう!東宝ホームの無料宿泊体験
今回は、東宝ホームの超・人気企画【無料宿泊体験】についてご紹介します♪

マイホームは一生に一度のお買い物。それなのに、完成するまでどんな住み心地や使い勝手なのか分からない…というのは不安ですよね?

そんなお客様のために、東宝ホームでは新生活が疑似体験できる「試住」サービスをご提供しています!







■シーズンテラス出水宿泊体験棟の見どころは?
熊本支店の宿泊体験棟は、中央区出水にある「ゆめタウンはません」さんの裏手にあります。

生活に必要な家具や家電も一式そろっているため、住宅展示場のモデルハウスとは違ってよりリアルな暮らしを実際に体験していただけます。

注目ポイントは、ご来場いただいた誰もがウットリされるトータルデザインの美しさ!

見た目がスタイリッシュなだけでなく、人目につかない所に物干しスペースが設けられていたり、子ども部屋は将来、お子様が成長された時に分割できるように設計されていたりと、生活者目線の工夫がたくさん隠されています。

収納スペースや趣味のお部屋に使える小屋裏スペースも、密かな人気ですよ。







■住んでみないとわからない外断熱の底力
何より、実際にご宿泊いただくと東宝ホームの外断熱工法やハイブリッドエアコントロールの効果がはっきりと分かります。

冬場でもお天気の良い日はエアコンをつけなくてもよいほど温かく、床はスリッパなしでも冷やっとしないんです♪

ご宿泊をご希望の方は、お着がえや食材のみご用意いただければOKです。

大変人気のため、ご予約はお早めにお願いいたします!
2019.01.22 04:21 | 固定リンク | 住宅展示場
「長期優良住宅」をわかりやすく解説します
皆さまは「長期優良住宅」という言葉を聞かれたことはありますか?

「何か良さそうな家」というイメージはあるかもしれませんが、具体的にどんな家が「長期優良住宅」にあたるのかはわかりにくいですよね?

そこで今回はこのワードについて簡単に解説しましょう♪



■国の厳しい基準をクリアしないと「長期優良住宅」とは呼べません
長期優良住宅とは、「①長く②安心③快適に暮らせる家」として国が定める条件を満たした住宅のことを言います。

これは長く住める家を造ることによって、解体・建て替えによる費用や環境負荷を減らし、より豊かで優しい暮らしを実現しようというものです。

長期優良住宅と認められるには「耐震」「省エネ」「劣化対策」などさまざまな基準をクリアしなければなりませんが、東宝ホームではこれを徹底するため、基礎、構造、外装下地に関する第三者機関(JIO)の厳しい検査を受けています。

ですから東宝ホームの家は【全棟、長期優良住宅】に認定されているのです。
ちなみにこの基準を満たさずに「長期優良仕様」と表記している所もあるのでお気を付けください!

■熊本の特性に合わせてシロアリ対策もバッチリ!
中でも他の地域よりもシロアリが多いと言われている熊本においては、シロアリ対策も家の耐久性を高める上で大変重要になります。



東宝ホームでは独自の技術によって、木材の内部にまでしっかりとシロアリ防止剤を浸透させていて、一般の防蟻保証が5年のところ、10年の長期保証を実現しています。

このシロアリ対策についてはまた別の機会に詳しくご説明しますので、お楽しみに♪
2019.01.17 21:53 | 固定リンク | 家づくり