TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフの回顧録【中村編】
本日は熊本西店・中村にお客様との思い出を聞きます。
中村が忘れられないお客様は、初めて接客させていただいたA様(仮名)。


残念ながらご成約には至りませんでしたが、多くのことを学ばせていただいたと語っています。



■入社1年目。初めてのプラン提案だった



Q. A様との出逢いは?

A. KKT総合住宅展示場にお越しになって、連絡先を残して行かれていたので気になってお電話したのが始まりです。積極的に情報収集をされていたので、見学にお誘いしたら快く来てくださいました。まだ当時私は入社したばかりでしたので、店長のサポートを受けながら東宝ホームの特長や、住宅業界の流れなどを一生懸命説明させていただいたのを覚えています。

Q. A様のご反応は?

A. はじめは鉄骨住宅に興味を引かれておられた様子でしたが、当社のJ-WOODの強度などをお伝えするうちに木造にも関心を寄せていただくようになりましたね。木造住宅は間取りの自由度が高いのがメリットですし、当社は自社設計なのでプランニングにも自信があります。雰囲気的には、かなり良い反応をいただいていたんです。お子さん連れでお越しになられていたので、商談中はお子さんと遊ぶこともあって、情が移るほど親しくなっていました(笑)。





■たとえ当社でなくとも、いい家づくりをしてほしい



Q.最終的にA様はどのようなご決断を?

A.最後までもう一つのメーカーさんと迷っておられたのですが、とても誠実な方で、「この日までに決めます」と言ってその期日に本当にご来訪いただきました。ですが結果は「ごめんなさい。できれば2棟建てたいくらい迷ったが、もともと鉄骨の家で探していたのでやっぱり鉄骨にする」と。一生懸命になっていたので正直、一瞬頭が真っ白になってしまいました(笑)。ですが、お断りするのにわざわざ直接会いに来てくださったことには感謝の気持ちで一杯になりました。

Q.A様とはどのようなお話を?

A.「ここまで深くお話をさせていただいたお客様ははじめてです。ここまでの経験をさせていただきありがとうございました。選ばれたメーカーさんもいい会社なので、いい家づくりをなされてください」とお伝えしました。断られて改めて気がついたのですが、せっかく出逢ったお客様には、やはり当社でなくとも納得のいく家づくりをしてほしいと思うものなんですね。その上で自分にできることがあればお力添えをさせていただきたいですし、何かお役に立てれば嬉しいと思います。正直悔しい気持ちもありましたが、それ以上に多くのことを学ばせていただき、自分が成長するきっかけになりました。

次回は中村に、仕事にかける想いを聞きます。お楽しみに!
2020.06.18 19:00 | 固定リンク | 会社・スタッフ