TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
制震装置ってなぜ必要なの?|災害時にシェルターになる家
家の地震対策というと、「耐震」のことを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

「耐震性」とは、壁など家の構造体の強度のことを言います。

耐震は丈夫な家づくりのために大切で、東宝ホームでは【耐震等級3】という消防署などと同じクラスの高い耐震性能を標準仕様にしています。

※しかも、「構造計算」というビルの強度を測る時に使う厳しい基準で耐震等級3をクリアしています。

ですが、私たちはそれだけでは満足しません!

「耐震」に加えて「制震」も、家を震災から守るための鍵だと考えています。

それはなぜ?



■「柔よく剛を制す」が【制震】の考え方
当社の建築士・谷によると、

「耐震性を高めて『硬い家』をつくることは重要。ですが、硬いだけだとガラスのように振動で家が割れやすくなってしまいます」

とのこと。

そこで登場するのが「制振装置」です。

制振装置とは、地震のエネルギーを吸収して揺れを抑える装置のことで、建物の内部に組み込んで使います。

装置には「高減衰ゴム」という特殊なゴムが使われていて、これが揺れのエネルギーを吸収してくれるんです。

「柔よく剛を制す」とはまさにこのことですね!

過去の地震被害を教訓に、東宝ホーム熊本では熊本城の修復にも使われている物と同じ高減衰ゴムを使用した「H.E.A.R.T」という制振装置を標準で導入しています。



■保険も安くなる!資産価値を考えるなら地震対策はマスト
地震対策がしっかりしている家だと地震保険が安くなったり、住み替えが必要になった時にも資産価値が下がりにくかったりと、プラスアルファのメリットもあるんです。

何より「災害時には家そのものがシェルターの役割を果たしてくれる」というのが大きなメリットですよね。

もしもの時に備えて、耐震、制震の機能について知っておくことは重要です!
2019.05.23 06:06 | 固定リンク