TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

壁の中を空気が巡る!【ハイブリッドエアコントロール】
皆さまは、家の一番の大敵は何だと思いますか?

実は…【湿気】なんです。

特に壁の内側に湿気がこもると木が腐れてしまったり、カビやシロアリが発生したりして耐震性に大きな影響が出てしまいます。

性能の高い【高気密・高断熱】の家ほど壁内に空気がこもりやすいので、湿気対策はとても重要です。

そこで東宝ホームでは、湿気を撃退する秘策として【ハイブリッドエアコントロールシステム】という独自の技術を取り入れています。

■機械で計画的に、強制的に湿気を排除!





この写真に写っているのが、ハイブリッドエアコントロールシステムです。
壁の中にある機械から床下にダクトが伸びているのが分かりますでしょうか?

東宝ホームの家は、外気が勝手に入ってこないように基礎部分から断熱しています。
その代わりにダクトを通じてこもった床下の空気を外へ出し、排熱・排湿しているのです。
同時に外の新鮮な空気も、この機械を通じて計画的に取り込みます。

熱気や湿気のこもりやすい夏場は、このエアコントロールシステムをONにしてカラッと涼しい状態をキープしているんです♪

■冬はスイッチをOFF!地熱を利用してお金をかけずに部屋を適温に



それでは今の冬の時期はというと、冷たい外気を取り込むと寒いのでスイッチをOFFに!
地熱で暖められた床下の空気を壁の内側で循環させ、屋内を効率的に暖めます。

実は地熱は一年中18度前後で、床下温度は約20度のちょうど快適な暖かさ♪これを利用することで省エネも叶えられるんですよ。

つまり、湿気から家を守りながら暖房費も抑えられる!【高気密・高断熱の一歩進んだ形】というわけです。

この模型は熊日RKK住宅展のモデルハウスにありまして、実際にスイッチを切り替えて、空気の流れが変わるのを体験できます!

お子さんにも楽しんでいただけますので、ご家族皆さんで遊びに来てください♪
2019.02.21 03:05 | 固定リンク | 家づくり