TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
屋根に断熱材を貼ると屋内の温度はどう変わる?
今回は、お客様の関心の高い「外断熱」について詳しくご説明しましょう。

よく、内断熱と外断熱はどう違うの?というご質問を受けますが、一般的な内断熱は文字通り「家の内側」、つまり柱と柱の間や天井部分に断熱材を敷く工法のことを言います。

一方で東宝ホームの外断熱は、柱の外側、つまり柱ごと断熱材で覆い、天井ではなく屋根の部分に断熱材を貼る方法を採ります。簡単に言うと、魔法瓶のように家を丸ごと断熱材で覆ってしまうようなイメージです。

だから外気の気温に関わらず、屋内のどこでも冬は暖かく、夏は涼しい状態を保てるんです。

■屋根裏に入って実際に確かめてみよう



説明だけでは分かりにくいかと思いますので、実際に屋根裏に入って確かめてみましょう!

実は熊日RKK住宅展内にある当社モデルハウスでは、屋根裏を一般公開していて中の様子をご自身の目で確かめることができるんです。

この時季に屋根裏に入るなんて、さぞかし寒いのでは…とお思いかもしれませんが、室内とほぼ変わらないくらい暖かです。ウソだと思われたら、ぜひ来てみてください♪。

さらにスゴイのが夏場。通常、真夏の屋根裏は60~70度まで気温が上がるのですが、こちらは常に30度前後をキープしています。夏にも改めてレポートしますね。

■屋根の構造まで目で見て分かります



こちらの屋根裏は骨組みまで全て見える状態になっていて、耐力を高めるために木を極力削らずに組む「ピン工法」という構造も直接ご覧いただけます。

ここまで見せているモデルハウスは滅多になく、自信があるからこそできることなんですよ♪

より詳しい説明もさせていただきますので、お気軽にお越しくださいませ!
2019.02.19 03:06 | 固定リンク