TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本南店・白石


本日は熊本南店・白石のスタッフインタビューをご紹介します。


入社7年目。プライベートでは3人の子どもの良きパパです!




■工法、構造、アフターサービスの全てに魅せられ入社


Q.東宝ホームに入ったきっかけは?

A.以前は地場の住宅メーカーで現場監督や営業を経験していたので、家の構造にはとても興味を持っていました。それで東宝ホームを知った時、その技術力の高さに驚いたんです。特に私が惹かれたのが「ピン工法」と「J-WOOD」です。ピン工法は在来工法と違って木材の断面欠損が少ないため、この工法を採用するだけでも地震に強くなります。その上、従来の木造住宅の2倍以上の耐力があると言われるJ-WOODを構造材に使用している。これはトップクラスのテクノロジーだと思いました。熊本地震に耐えられたのも十分納得できる造りです。


Q.お客様と接する上で心がけていることは?

A.お客様が言われることは決して否定せず受け入れることです。まずは何に関心を持っておられるのか、解決すべき問題は何なのかを知ることが大切ですから、教えていただくことから始めます。多くのお客様は初めにデザインに興味を持たれてご来館いただくので、最初はデザインのニーズをしっかり聞かせていただきます。それから、まだご存じないであろうことや、知っていただきたい住宅の性能の話を徐々にご紹介していきます。


Q.性能面を重視すべき理由は?

A.家を建てた後は中の構造を見ることはできなくなりますが、実は見えない部分こそ非常に大切だからです。例えば構造材に関して言うと、無垢材は約25%の水分を含んでいるので建てた後も水分量が変化して割れや変形が起きやすいんです。そんな話をすると、多くのお客様が「知らなかった!」と驚かれます。そういった建てた後のことまで知った上で、責任が持てるハウスメーカーを選ぶべきだと思います。その点、当社はアフターフォローには特に力を入れていますし、それも私が「ここで働きたい」と思った理由の1つです。



■住んでみて分かった、東宝ホームの良さ


Q.数年前にご自身も家を建てたそうですが、住んでみていかがですか?

A.実際に住んでからは、より実感を込めてお客様に良さをご紹介することができるようになりました。本当に冬場も暖房がいらないんですよ。新築してエアコンを買い足したことを後悔したくらいです(笑)。5人家族ですが、電気代は月に1万円もかかっていませんね。またキッチンなども当社の標準の設備を入れたので、モデルハウスをご案内する時に「これ私も使っています」と使い方まで具体的に説明できるようになりました。


Q.自宅でこだわった場所は?

A.家族が集まれる場所が欲しかったので、リビングに子どもたち、ダイニングに私、キッチンに妻がいて、常にお互いの顔が見られるような間取りにしました。今年の前半はコロナの影響で子どもたちがずっと家にいたので、みんなで遊んでばかりでしたね。最近話題の「あつ森」も子どもと一緒に楽しんでいます。

2020.08.27 16:47 | 固定リンク | 会社・スタッフ
お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフの回顧録【白石編】
本日は熊本南店・白石のお客様との思い出をご紹介します。


3世代7人家族(ご夫婦、お母様、お子さん4人)のH様ご一家。熊本市内から約2時間半の所にお住まいです。



 

■現地を一緒に見ながらご希望をヒアリング


Q.H様との初めての出逢いは?

A.展示場にお越しいただきました。他社のモデルハウスもほぼ全て回られて、最後にたどり着いたのが当社だったそうで、時刻は夕方頃でした。遠方にお住まいなので早く帰らなければならないとのことで、初回にお話しできたのは5分くらいだったかと思います。私自身、もっとお話ししたかったなと残念に思っていましたので、次の日改めてご自宅まで伺ってみることにしました。


Q.その時、H様と再会できたのですか?

A.ご自宅に行く途中の道に偶然H様がいらっしゃったんです。運命を感じましたね!そこで話をさせていただき、今お住まいの家で不便に感じていることなどを詳しく伺い、プランを提案することになりました。後から聞いた話ですが、「自宅まで来てくれたのは白石さんだけだったよ」と。遠方にお住まいだと展示場にお越しになるだけでも大変ですから、できるだけこちらから訪問させていただくように普段から心がけています。この時も実際に現地を見ながらお話しできたことで、より正確にお客様のニーズをくみ取れたのが良かったのではないかなと思います。やはり直接足を運ぶことが一番大事ですね。



■船乗りのご主人とはメールで進捗状況をやり取り


Q.その後の打ち合わせはどのように進んでいきましたか?

A.ご主人は長期間、海に出るお仕事をされていたので、主にメールを通じて間取りの打ち合わせなどを続けていくことになりました。工事期間中も実際に家をご覧になれる機会がほとんどなかったので、現場に行くたびに写真を撮ってお送りしていましたね。ご主人は技術者でいらっしゃるので、当社の構造にもとても興味を持ってくださっていました。


Q.完成した家の特徴は?

A.お母様のお部屋は将来介護が必要になっても出入りしやすいように玄関近くに配置し、元気なお子さん達の足音が気にならないよう、子ども部屋とは距離を置くなど生活しやすさを大切にしました。ご主人が留守中に家を守っている奥様にも楽しく過ごしていただくために、ロフトでお好きな映画を観るための防音環境を整えました。ご家族の生活スタイルに合った家になったと思います。


Q.入居されてからのご感想は?

A.以前の家は夏は暑くて冬は寒いという環境だったそうなのですが、それが一変したと喜ばれています。冬場はお子さん達の熱気で暑くなって窓を開けることもあるそうです!ご主人が海から戻られた時に新築祝いをされたのですが、私もご招待いただきまして一緒にお祝いさせていただいたのがいい思い出です。アフターメンテナンスもどんどん活用していただきたいですね。当社ではどこのエリアにお住まいでも、ドアの調整1つでもすぐに駆けつけますから今後も安心してお過ごしいただきたいです。
2020.08.20 16:42 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本南店・坂本

本日は熊本南店・坂本にインタビューします。

 

入社4年目。明るい笑顔がチャーミングな女性営業スタッフです。

 



 

■楽しそうに働く先輩たちに惹かれて東宝ホームへ


 

Q.入社のきっかけは?

 

A.初めは事務職を希望して転職先を探していたんです。いろいろな会社を回る中で、紹介を受けて東宝ホームにも面接を受けに行きました。ですが、その時募集していたのは営業職。接客は好きでしたが、住宅の知識もない自分にできるのだろうかと不安の方が大きかったですね。他社でも内定を頂いていたので正直、すごく迷ったのですが、気づけば東宝ホームの方へ足が向かって入社していました()

 

Q.なぜ東宝ホームに決めたのですか?

 

A.決定的だったのは、面接での支店長の話にものすごく惹かれたからです。今までやっていた仕事はどちらかといえば一人で完結できる仕事でしたが、住宅営業は人との関わりがあってこそ成り立つ仕事です。詳しい話を聞いているうちに、家をつくるのは夢のような仕事だと思うようになっていました。お客様にとっては一生に一度のことですから、自分に任せてもらえるのか不安に思う気持ちと、でも任せてもらえたら嬉しいだろうなとわくわくする気持ちと半々でしたね。そして面接会場で案内してくれたスタッフが毎回いつも楽しそうな笑顔だったのも、ここで働きたいと思った大きな理由でした。




 

■社内外の人とのお付き合いを大切にしている


 

Q.実際に働いてみて感じたことは?

 

A.家づくりとはいかに多くの人が一緒に動かなければ成し遂げられない仕事か、ということを実感しました。お客様との関係を大切にすることはもちろんですが、営業だけでなく設計、総務、建設に関わるスタッフとも団結して動く必要があります。そんな風にチームで一緒になって働けるのが仕事の一番の魅力じゃないかと思います。前職では自分の作業が済めばそれで終わりだったのですが、今は社内・社外の人たちとのお付き合いが何より大切。コミュニケーションをしっかり取るように心がけています。

 

Q.現在、熊本支店の女性の営業は3人ですね?

 

A.少数ですが、男性とまた違った視点があるのはいいことではないでしょうか?特に奥様の立場に共感しやすいのは、女性スタッフならではだと思います。他の人にはない観点を生かしてお客様の役に立っていければと考えています。

 

Q.休日のリフレッシュ法は?

 

A.基本的に家でゆっくりするのが好きなのですが、たまに友達と飲むのも楽しみですね。お酒はビールと焼酎派です。おススメのお店はトタン屋。芋かりというカリカリした揚げ芋がおいしいんです。お客様ともおいしいご飯屋さんの情報を交換し合ったりしています。詳しい方はぜひ教えてください!

 

2020.07.30 12:26 | 固定リンク | 会社・スタッフ
お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフの回顧録【坂本編】

本日は熊本南店・坂本のお客様、K様との思い出をご紹介します。

 

K様にお会いしていなかったら違う人生を歩んでいたかもと思うほど、この仕事の魅力を教えていただいた恩人」と、坂本は語っています。

 



 

■本当に住宅営業に向いているのか。悩んでいた時に出逢ったK


 

Q. K様と初めてお会いしたのはいつ頃?

 

A.私が東宝ホームに入社してまもない頃です。その前はブライダルや食品業界で仕事をしていたので、住宅営業は初めてでした。接客は好きだったのですが、入社したてで分からないことがたくさんあり、本当にこの仕事に向いているのかどうか悩み始めた頃にK様と出逢いました。

 

 

Q. K様からはどのようなご相談を受けましたか?

 

A.初めに伺ったのは土地探しのご相談でした。ある特定の地域を希望されていたのですが、空いている土地がなかなか見つからないとのことでしたので、まずは良い土地をいち早くご提案しようと動き始めました。不動産業者を11件訪ねたり、空き地を見つけては問い合わせたり。とにかく歩き回って探していると、ある時偶然、施設の駐車場だった場所が空くらしいという情報を聞きつけ、すぐさま確認してKさまにご提案しました。するとすぐに気に入っていただき、その土地に合わせたプランニングをすることになりました。

 

■一人では成立しない、家づくりという仕事


 

Q.プランニングをする上で何か課題はありましたか?

 

A.柱のない広いLDKにしたいと希望されていたのですが、当社の工法でいくと構造上どうしても1ヵ所柱をつくる必要があり、どうすればご希望に近い形に持っていけるかが課題でした。そこで建築士に知恵を絞ってもらい、リビング隣の和室の角に柱を持ってくることで、目立たず安全な構造になるように工夫しました。柱っぽく見えないよう、白いクロスを貼って壁となじませたのも建築士のアイデアです。するとK様もこの提案を気に入っていただき、採用してくださることになりました!実はこの段階で他社もプランを出していたそうなのですが、それを断って当社のプランに決めてくださったので、本当に納得していただいたんだなと安心しました。

 



 

Q. K様からはどんなお声がけをいただきましたか?

 

A. お引渡しをする時、最後に「坂本さんに出逢えて良かった」と言ってくださいました。その言葉は本当に嬉しかったです!家は実際に建つまでは図面や紙でしか見ることができませんよね。それなのに私を信じて託してくださったのは、本当に有り難いことだと改めて思いました。家づくりは自分たちだけで完結するものではなく、お客様にも心を許してもらえないとなかなか成立しません。難しいことも多い分、お客様に喜んでいただけた瞬間は何にも替えがたい幸せなひとときでした。この経験があったからこそ、今もやりがいを持って仕事を続けていられると感謝しています。


2020.07.23 12:17 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本西店・中村

本日は熊本西店の営業・中村のスタッフインタビューをご紹介します。

 

親しみやすい人柄で、お子さんに大人気!小学校から大学までサッカーをしていたスポーツマンです。




 

■お世話になったお客様の信頼に応えたい


 

Q.入社のきっかけは?

 

A.新卒向けの合同説明会に参加したのがきっかけです。人と接する仕事がしたくて営業職を希望していたところ、CMで目にしていた東宝ホームに興味を持ちました。元から住宅業界に詳しかったわけではありませんが、外断熱工法、J-WOOD、エアコントロールの仕組みを聞くうちに家づくりに魅力を感じ、ここで働きたいと思いました。




 

Q.実際に働いてみての感想は?

 

A.住宅営業は大変な仕事だと覚悟していましたが、実際にやってみると扱う金額も高いですし、想像以上に責任の重さを感じましたね。まだ入社して年数が浅く、知識や経験もまだまだ足りませんが、お客様から見たら自分もプロ。新人だからといって中途半端は許されませんから、少しでもお役に立てるように日々頑張っています!

 

Q.今、初めてご成約いただいたお客様の家が進行中だそうですね?

 

A.はい。Iさまご一家の家づくりを担当させていただいています。小さいお子さんがいらっしゃるご家族ですが、毎週のように打ち合わせのお時間を取っていただき、プランニングを進めてきました。お子さんが伸び伸び成長できるようにと広めに取ったLDKや、ご主人の希望で主寝室の隣に設けた仕事部屋が特徴で、今年の秋に完成予定です。

 

Q.それは楽しみですね。

 

A.はい!Iさまは今は遠方にお住まいなのですが、わざわざ展示場まで何度もご足労いただいたり、ご自宅に伺った時は「ゆっくりしていって」と声をかけてくださったり、本当に良くしていただき感謝しています。いい家を持っていただきたいというのはもちろん、アフターフォローも常に気に掛けていきたいですね。将来、自分が家を建てるとしたら…優しいIさまのように奥さんが希望する家を建ててあげたいです。

 

 

■住宅業界のバロンドールを目指したい!





 

Q.休日の趣味は?

 

A.学生時代はずっとサッカーをやっていたので、試合を見るのが好きです。選手の中ではロナウドが好きなので、休日は試合をハイライトで見たりしています。あと、最近釣りが好きになって沖に出るのが楽しみになりました。もっと上手になりたいので、詳しい人がいたらぜひ教えてほしいです。




 

Q.東宝ホームをサッカー選手に例えると?

 

A.今からもっと成長していく会社だと思うので、フランス代表の若手有望株、ムバッペ選手でしょうか()。いずれバロンドールを取るのではないかと言われている期待の選手です。彼の活躍に負けずに上を目指していきたいですね!

2020.06.25 19:00 | 固定リンク | 会社・スタッフ