TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本支店・アフターメンテナンス課課長代理・左藤
本日は、アフターメンテナンス課・課長代理、左藤のインタビューをお届けします♪



リフォーム課課長代理も務める左藤。ご入居後のお客様の暮らしを、技術者としてさまざまな面でサポートしています。

■二級建築士の資格を持つ現場一筋の技術者



Q.建築関係の仕事に興味を持ったのはいつ頃でしたか?

A.父が建築士だったので、幼い頃から図面を描いている様子を身近で見てきたんです。なので、私にとっては「仕事といえば建築」。自然な流れで建築関係の専門学校へ行き、二級建築士の資格を取得しました。子どもの頃からものづくりが好きだったのも、この仕事に就いた理由です。設計に進むことも考えましたが、どちらかというと現場の方が性に合っていたので、卒業後は長らく現場管理の仕事に携わってきました。その後、お世話になっていた大工さんに東宝ホームを紹介されたのがきっかけで、熊本支店が創業3年目の時に入社しました。現在はアフターメンテナンス課とリフォーム課に所属しています。

Q.仕事柄、お引渡し後にお客様と接する機会が多いかと思いますが、どんなお話をよく聞きますか?

A.やはり夏は涼しい、冬は暖かいというご感想をいただくことが多く、そういう言葉を直接聞くことができるのは嬉しいですね。また築年数が長くなると、「トイレを新しくしたい」「棚を増やしたい」といったリフォームのご相談も受けます。相談していただけるのは、お客様に信頼してもらえている証拠だと思いますから、声をかけていただけることが大変ありがたいですし、私の方からも話しやすい雰囲気づくりを心がけています。

■東宝ホームの一番の強みは「人」



Q.長く現場に携わってきた立場から見て、東宝ホームの良さはどこにあると思いますか?

A.住環境と耐震性を重視して、非常に緻密で技術的に高度な造りをしているところが凄いですね。何より、それを実現している職人さんの腕が非常に高いです。在来工法ですが、使っている金物が特殊ですし、構造材のJ-WOODも普通の集成材とは全く異なるので、頑丈で重く、釘の打ち方1つでも大変難しいんですよ。それができる「人」が一番の宝だと考えています。職人さんもそうですが、営業にも設計にも「いい家をつくろう」という高い意欲のある人間が集まっていることが当社の一番の強みではないでしょうか。住宅業界はともすると売り上げばかりを気にしてギスギスした雰囲気になりがちですが、当支店には強い団結力があり、そのためか離職率もとても低いです。こういう会社はとても希少なのではと思います。

Q.今月、マイホームが完成したそうですね。

A.はい。ここ数カ月は時間があれば現場に出かける日々で、完成を心待ちにしていました。間取り、デザイン、素材全てにこだわり抜いた力作です!木の重厚感を出したかったので、当社のインテリアコーディネーターに相談して、間接照明で木の質感がきれいに見えるように工夫しました。これから家族と一緒に住み心地の良さを体感するのが楽しみですね。
2021.06.29 12:35 | 固定リンク