TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本支店・設計士・仲西
本日は熊本支店設計積算課係長、仲西のインタビューをお届けします。

お客さまの気持ちを大切にした家づくりを信条とする設計士。休日はもっぱら奥さまの用事に付き添っているという愛妻家です♪



■3DCADを扱い複雑なプランも分かりやすく

Q. 仲西さんはなぜ設計の道に進んだのですか?

A.昔から部屋づくりが好きだったんです。子どもの頃は勉強が嫌いだったのですが、勉強をやりたくない時に気分転換に部屋の模様替えをしていたら、インテリアにどんどん興味が出てきまして。でも中学校の進路相談で「インテリアや建物のデザインがしたい」と言ったら、「デザインじゃ食べていけない」と親に猛反対されました。それで高校は普通科に行ったのですが、高校の3年間でも他にやりたいことが思いつかず、初心を通して建築関係の専門学校に進みました。そして最初は地元の設計事務所に就職し、店舗などの設計を手がけるようになりました。




Q.東宝ホームにはどのような経緯で?

A.ちょうど前の会社を退社して求人を探していた時に、開設したばかりの熊本支店の求人が目に留まったんです。営業職の募集だったので営業マンになるつもりだったのですが、私の経歴を見た面接官に「絵を描いてみて」と言われ、その場で描いたら「あなたは設計の方が向いているよ」と。それで今の部署に配属になりました。やっぱり設計をする運命だったんですね(笑)。




Q.入社してから、何か変わったことは?

A.以前は店舗を扱っていたので「多くの人に受けること」を重視していました。ですが、住宅は「住む人に満足していただけること」が何より大事です。そこでお客さまがお気持ちを言いやすい雰囲気をつくることを心がけるようになりましたね。それから、複雑な設計をする際は平面図だと分かりづらいこともあるので、3DCAD(立体の設計図)を習得しました。この会社に入って1から覚えたのですが、今では他の設計士の図面を3Dに起こすこともあります。自分の設計は頭の中にあるのですぐ再現できるのですが、他の人のは感覚が違うので、壁の厚みなど細かい情報を1つ1つ聞き出すのが難しいですね。もっとも、お客さまの頭の中にある理想の家を再現するのも同じ作業なので、経験を積むことでよりお客さまのニーズを正確に把握できるようになったように思います。



■お客さまの喜ぶ笑顔が一番のやりがい

Q.仕事のやりがいは何ですか?

A.やはりお引渡しをして喜んでいただけた瞬間にやりがいを感じますね。以前、お客さまに「うちの家は仲西さんの作品だよ」と言われた時は、本当に嬉しかったです。お客さまの求めるものをきちんと実現できなければそのような言葉は頂けないと思うので、打ち合わせではたくさんお話をしてその方のご希望をしっかりと見極めるようにしています。




Q.もうすぐご自身の家も完成予定だとか?

A.そうなんです。実はあまり万人受けする家ではなくて、キッチンからちょっと離れたところにダイニング・リビングがあるんです。あえてそうしたのは、その分リビングを広く取りたかったから。妻からは文句を言われましたが、ちょっと不自由な方が、家族が進んで配膳の手伝いをするようになっていいんじゃないかと考えたんです。妻だけがキッチンにずっと立っているよりも、家族で一緒に動いて一緒に広いリビングでくつろぎたいな、と。お客さまにも同じく、そのご家族ならではのこだわりがあると思うんですよね。自分の家を建てる経験をして、よりお客さまの気持ちに添った家づくりを意識するようになりましたね。




Q.趣味はありますか?

A.時間があればスタジアムにサッカーを観に行きます。10年来のロアッソファンです!今はコロナの影響で足が遠のいていますが、以前はお客さまとスタジアムで会って盛り上がることもありましたね。それからスノーボードも好きです。一昨年は会社の仲間と夜1時くらいに集合して夜行バスで広島まで滑りに行きました。とはいえ、最近は妻の許しがなかなかもらえず(笑)、子どもの面倒を見たり遊びに連れて行ったりと、家族で過ごすことが一番多いですね。

>>> Instagram東宝ホーム公式アカウントもチェックしてくださいね
仲西が出演!インスタライブ 「設計士とインテリアコーディネーターによるQ&Aお答えします!」
2020.11.24 20:08 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本支店・一級建築士・山内
本日は熊本支店設計積算課課長、山内のインタビューをお届けします。

話し上手で「相談しやすい」とお客さまに大人気!難しい課題を解決するのも得意な、頼れる一級建築士です!






■東宝ホームの造りに惚れ込み、一番にマイホームを建てた!



Q.山内さんはなぜ一級建築士に?

A.実は最初から建築士を目指していたわけではなかったんですよ。親が建築関係の仕事をしていたので同じ業界へ進学・就職したのですが、一級建築士の資格を取ろうと決意したのは働き始めてからでした。仕事をするうちに次第に建築の魅力にはまっていって、制限なくいろいろな建物の設計がしたいと思うようになったんです。かなり苦労はしましたが資格を取得することができ、その後は一番好きな住宅を専門とするようになりました。

Q.東宝ホームへ転職した理由は?

A.もう8年くらい前の話ですが、当時から東宝ホームの家の造りは他とは全然違ったからです。今でこそ当たり前になりましたが、耐震等級3や外断熱を取り入れているメーカーは当時この辺ではかなり珍しかったんですよ。J-WOODだって、従来の無垢材とは強度が違います。ただ建築基準法をクリアするだけでなく、もっと上を目指しているというのが分かって一気に興味を惹かれました。私自身も常に10年先を見据えて新しい家づくりに挑戦していかなければならないと思っていたので、その考え方にはすごく共感できました。

Q.実際に入社してどうでしたか?

A.あらためて家の良さに惚れ込みましたね!熊本支店の社員の中で、最初にマイホームを建てたのは私なんです。これは建てないともったいない!と思って(笑)。実際に入居してみると、住み心地がいいのはもちろんですが、一番の違いは電気代でした。以前は2DKの賃貸アパートでエアコン1台で暮らしていたのに、部屋数やエアコン台数が増えた今の方が電気代が安いんです。これがまさに外断熱の家の特徴です。ローンを組む負担よりもメリットの方がはるかに多くて、結果的に月々の出費も減りました。東宝ホームは高いというイメージがあるかもしれませんが、本当は建てた方が経済的に楽になるんですよ。

■知識と経験がものを言う、家づくりの世界





Q.仕事をしていてやりがいを感じる時は?

A.難しい案件がうまく解決できた時でしょうか。よくあるのは、「先祖から受け継いできた土地なので絶対にそこで建てたい」とご希望なのに、法律上規制があって無理だと他社で断られたというケースです。確かに法律をクリアするのは大変なのですが、工夫すれば何とかなることもありますし、単に方法を知らずに無理だと言われていることもあるんです。その難題を解決して無事着工できた時には、涙を流して喜んでくださるお客さまもいらっしゃいます。そんな時にはこの仕事をやってて良かったと心から思いますね!




Q.東宝ホームの設計陣の強みは?

A. 4人設計士がいますが、デザインが凄い人、間取りが上手い人など、それぞれ得意分野が異なっているのでお互いに協力し合えるところでしょうか。私はというと、気さくな性格が一番の強みかもしれません(笑)。よく「いつの間にお客さまとそんなに仲良くなったの?
」と驚かれるんですよ。実際、お客さまと親しくなって「本当はこうしたいんだけど、悩んでいるんだよね」といった本音を教えてもらえれば、それを反映してより良いプランをつくることもできます。幸い、職場の自由度が高くて好きに動ける環境にあるので、いつも飛び回っていろんな人に会いに行っていますね。最近当社のインスタライブに登場した時は「見ましたよー!」とたくさんの人に声をかけていただきました。


>>>山内が出演!インスタライブ 「設計士とインテリアコーディネーターによるQ&Aお答えします!」   

Q.休日はどんな過ごし方を?

A.もう15年くらい釣りを趣味にしていて、先日も職場の仲間と夜通しイカ釣りに行ってきました。船舶免許も持っているんですよ。年齢を重ねるごとに好きな釣り方も変わってきて、今はジギングにはまっています。カンパチなど大きい魚を釣る方法なのですが、エサではなく金属の固まりで魚を誘い、知恵と体力だけで釣り上げるのが面白いんです。まさに魚と1対1の勝負です。それから、昔はバイクで走るのが好きだったので、機会ができたらまた再開したいですね。車やバイクの話をさせたら長くなりますよ(笑)。ガレージをつくりたい方は、ぜひ私にお声がけください!
2020.10.27 20:49 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本中央店店長代理・山中
本日は熊本中央店店長代理・山中のインタビューをお届けします。

熊本支店の開設直後に入社し、後進の育成にも携わってきたベテラン営業マンです。





■「住宅業界に新たな風を巻き起こす会社」。そう確信し入社



Q.入社までの経緯を教えてください。

A.以前はある住宅総合メーカーで分譲マンションの企画・販売などをしていましたが、全国に支店のある会社だったので転勤が多く、地元である熊本に腰を据えたいと思い転職に至りました。

正直、東宝ホームのことはよく知らなかったのですが、訪問したその日に入社を決意したんです。というのも、支店長をはじめここで働く「人」に何よりの魅力を感じたから。昔の住宅業界は保守的で自由に意見も言えないような雰囲気でしたが、ここにはワンチームで協力し合いながら動ける環境がありました。

大手企業では実現困難なことを成し遂げているところも凄いと思ったんです。例えば、以前の会社で宿泊体験を提案したことがあったのですが、却下。しかし東宝ホームなら当然のように可能です。新しいことにどんどん挑戦できそうな勢いを感じ、入らないと後悔すると思いました。

Q.仕事で心がけていることは?

A.当社は家の性能が一番の売りですから、分かりやすく丁寧に説明するようにしています。ご入居後に「山中さんの言う通りだった」と言ってもらえると安心して嬉しくなりますね。実際、年末にお引渡しをしたお客さまが家の中の暖かさに驚かれて、年が明けて初売りの日にわざわざ会いに来て報告してくださったこともあったんですよ。実のところ、お客さまに支持されている一番の理由は性能の良さが実感できるところではないかと思います。

Q.得意としていることは?

A.お客さまに気に入っていただけそうな土地を見極める術は身についてきたように思います。以前、ご希望のエリアにどうしても良い空き地がなく、ダメ元でなじみの不動産屋に「賃貸の物件を半分壊して売ってくれないか」と交渉したところOKしてもらい、成約に至ったこともありました。できる限りの努力をしつつ、時には言うべきことは正直に言って、ベストな土地をご提案できるように注力しています。




■チームだからこそ成し遂げられる仕事がある



Q.思い出深いお客さまとの出来事は?

A.部下の小川が入社したての新入社員だった頃に、一緒に担当したお客さまとのやり取りが思い出に残っています。まずは土地を探しておられたので、候補に挙がった30件ほどを小川と一緒に見て回るところから始めました。そしてお勧めした土地を気に入っていただいたところまでは良かったのですが、「他社でも検討したい」と言って一旦保留されたんです。私たちは当社の商品に自信を持っていますから、無理にお引き留めすることは絶対にしません。それでもその後「やっぱり東宝ホームが良かった」と言って戻ってきてくださいました。

Q.それからはスムーズに進んでいったのですか?

A.それが、決まりかけた時に再び他社に行かれたんですよ。比較するものがなかったので迷っておられたのだろうと思いますが、私一人で担当していたらその時点で断念していたかもしれませんね。余計に惑わせるようなことはしたくなかったので、それ以降こちらからはあえて連絡しませんでした。

ですが後日、小川を通じてまた相談のご依頼をいただきまして。そこで改めて「何を不安に思っておられるのか」をじっくりと話し合い、他社のプランで気になるところも伺いながら解決策をご提案しました。すると「東宝ホームで建てます」と、最後にきっぱりと決断してくださったのです。

これは新人だった小川の一生懸命さが伝わり、私も彼に手本を示さねばと努めたからこそうまくいったケースであり、チームで対応したからこそ成し得たことだと思います。東宝ホームの良いところはまさにそこなんです。社員同士がお互いにサポートし合う関係にあるのが一番の強みだと感じています。

Q.休日のリフレッシュ法は?

A.海外のサッカーリーグの試合を観るのが休日の楽しみです。好きな選手は、スペインのセスク・ファブレガス選手。ドリブルしながら走っていても、周囲の選手が追いつけないくらい足が速かったんですよ!目標にしたいのはシャビ・エルナンデス選手でしょうか。プレーヤーでありながら監督の目線も持ち合わせていて、攻撃も守りも得意。イニエスタらと並ぶ名選手です。
2020.09.29 22:46 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本南店・白石


本日は熊本南店・白石のスタッフインタビューをご紹介します。


入社7年目。プライベートでは3人の子どもの良きパパです!




■工法、構造、アフターサービスの全てに魅せられ入社


Q.東宝ホームに入ったきっかけは?

A.以前は地場の住宅メーカーで現場監督や営業を経験していたので、家の構造にはとても興味を持っていました。それで東宝ホームを知った時、その技術力の高さに驚いたんです。特に私が惹かれたのが「ピン工法」と「J-WOOD」です。ピン工法は在来工法と違って木材の断面欠損が少ないため、この工法を採用するだけでも地震に強くなります。その上、従来の木造住宅の2倍以上の耐力があると言われるJ-WOODを構造材に使用している。これはトップクラスのテクノロジーだと思いました。熊本地震に耐えられたのも十分納得できる造りです。


Q.お客様と接する上で心がけていることは?

A.お客様が言われることは決して否定せず受け入れることです。まずは何に関心を持っておられるのか、解決すべき問題は何なのかを知ることが大切ですから、教えていただくことから始めます。多くのお客様は初めにデザインに興味を持たれてご来館いただくので、最初はデザインのニーズをしっかり聞かせていただきます。それから、まだご存じないであろうことや、知っていただきたい住宅の性能の話を徐々にご紹介していきます。


Q.性能面を重視すべき理由は?

A.家を建てた後は中の構造を見ることはできなくなりますが、実は見えない部分こそ非常に大切だからです。例えば構造材に関して言うと、無垢材は約25%の水分を含んでいるので建てた後も水分量が変化して割れや変形が起きやすいんです。そんな話をすると、多くのお客様が「知らなかった!」と驚かれます。そういった建てた後のことまで知った上で、責任が持てるハウスメーカーを選ぶべきだと思います。その点、当社はアフターフォローには特に力を入れていますし、それも私が「ここで働きたい」と思った理由の1つです。



■住んでみて分かった、東宝ホームの良さ


Q.数年前にご自身も家を建てたそうですが、住んでみていかがですか?

A.実際に住んでからは、より実感を込めてお客様に良さをご紹介することができるようになりました。本当に冬場も暖房がいらないんですよ。新築してエアコンを買い足したことを後悔したくらいです(笑)。5人家族ですが、電気代は月に1万円もかかっていませんね。またキッチンなども当社の標準の設備を入れたので、モデルハウスをご案内する時に「これ私も使っています」と使い方まで具体的に説明できるようになりました。


Q.自宅でこだわった場所は?

A.家族が集まれる場所が欲しかったので、リビングに子どもたち、ダイニングに私、キッチンに妻がいて、常にお互いの顔が見られるような間取りにしました。今年の前半はコロナの影響で子どもたちがずっと家にいたので、みんなで遊んでばかりでしたね。最近話題の「あつ森」も子どもと一緒に楽しんでいます。

2020.08.27 16:47 | 固定リンク | 会社・スタッフ
お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフの回顧録【白石編】
本日は熊本南店・白石のお客様との思い出をご紹介します。


3世代7人家族(ご夫婦、お母様、お子さん4人)のH様ご一家。熊本市内から約2時間半の所にお住まいです。



 

■現地を一緒に見ながらご希望をヒアリング


Q.H様との初めての出逢いは?

A.展示場にお越しいただきました。他社のモデルハウスもほぼ全て回られて、最後にたどり着いたのが当社だったそうで、時刻は夕方頃でした。遠方にお住まいなので早く帰らなければならないとのことで、初回にお話しできたのは5分くらいだったかと思います。私自身、もっとお話ししたかったなと残念に思っていましたので、次の日改めてご自宅まで伺ってみることにしました。


Q.その時、H様と再会できたのですか?

A.ご自宅に行く途中の道に偶然H様がいらっしゃったんです。運命を感じましたね!そこで話をさせていただき、今お住まいの家で不便に感じていることなどを詳しく伺い、プランを提案することになりました。後から聞いた話ですが、「自宅まで来てくれたのは白石さんだけだったよ」と。遠方にお住まいだと展示場にお越しになるだけでも大変ですから、できるだけこちらから訪問させていただくように普段から心がけています。この時も実際に現地を見ながらお話しできたことで、より正確にお客様のニーズをくみ取れたのが良かったのではないかなと思います。やはり直接足を運ぶことが一番大事ですね。



■船乗りのご主人とはメールで進捗状況をやり取り


Q.その後の打ち合わせはどのように進んでいきましたか?

A.ご主人は長期間、海に出るお仕事をされていたので、主にメールを通じて間取りの打ち合わせなどを続けていくことになりました。工事期間中も実際に家をご覧になれる機会がほとんどなかったので、現場に行くたびに写真を撮ってお送りしていましたね。ご主人は技術者でいらっしゃるので、当社の構造にもとても興味を持ってくださっていました。


Q.完成した家の特徴は?

A.お母様のお部屋は将来介護が必要になっても出入りしやすいように玄関近くに配置し、元気なお子さん達の足音が気にならないよう、子ども部屋とは距離を置くなど生活しやすさを大切にしました。ご主人が留守中に家を守っている奥様にも楽しく過ごしていただくために、ロフトでお好きな映画を観るための防音環境を整えました。ご家族の生活スタイルに合った家になったと思います。


Q.入居されてからのご感想は?

A.以前の家は夏は暑くて冬は寒いという環境だったそうなのですが、それが一変したと喜ばれています。冬場はお子さん達の熱気で暑くなって窓を開けることもあるそうです!ご主人が海から戻られた時に新築祝いをされたのですが、私もご招待いただきまして一緒にお祝いさせていただいたのがいい思い出です。アフターメンテナンスもどんどん活用していただきたいですね。当社ではどこのエリアにお住まいでも、ドアの調整1つでもすぐに駆けつけますから今後も安心してお過ごしいただきたいです。
2020.08.20 16:42 | 固定リンク | 会社・スタッフ