TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本東店店長代理・辻
本日は熊本東店・辻のスタッフインタビューをご紹介します!

自身を「マニアックで人付き合い下手な営業」と称する辻ですが、温かみのある人柄でお客様に大人気。スタッフも一番の信頼を寄せる存在です。



■一度住宅業界を離れて気がついた魅力

Q.東宝ホームへ入る前は何を?

A.大学で建築学を学んだので、卒業後はある大手の住宅メーカーに入社しました。ですが本来は技術系に進むべきところ、配属されたのが営業部で。もともと人と話すのが苦手だったのに家を売らなければならず、もっと自分に合った職種があるのではと思い、転職してしまいました。その後、半導体を造るメーカーで海外勤務をしたり、友人と介護に関連する会社を起業したりとさまざまな仕事を経験しましたが、子どもが生まれたのを機に安定して働ける場所を求めて東宝ホームに入社しました。

Q.再び住宅営業に携わることになったんですね?

A.そうなんです。話すのが下手なのには変わりなく、最初は途方に暮れました。優秀な上司や先輩のスタイルを真似しようと試みたこともありましたが、持っている才能が違うので無理で(笑)。ですが、東宝ホームの基本理念である「お客様目線で動く」という視点で仕事を捉えるようになったところ、次第に意識が変化していきました。

Q.どう変わったのですか?

A.昔は営業とは「家を売る仕事」だと思っていたのですが、そうではないと気がつきました。要は「人付き合い」なんです。上司のアドバイスを受け、「目の前の人を大切にすること」、「相手に信頼してもらうために自分をさらけ出すこと」に注力していった結果、少しずつですがお客様といい関係が築けるようになりました。

住宅営業はお客様と長くお付き合いすることになるので、初めて会った時に小さかったお子さんが、成長してお父さんと同じ職業に就くまで見届けられたりもします。そこまで深いお付き合いができるのが仕事の魅力です。お客様からも「親戚のおじさんみたい」と言われることもあるんですよ(笑)。



■コンプレックスがあるからこそ頑張れる

Q.東宝ホームの特長は何だと思いますか?

A.支店全体、会社全体でお客様への気持ちを共有しようとできる限りの努力をし、皆が動いているところではないでしょうか。商談が得意な人、プランニングが上手い人、土地探しに長けた人など、それぞれが能力を発揮し、連携して一人のお客様を支えているのが特長だと思います。私もまだ話下手を克服できてはいませんが、そんな環境だからこそコンプレックスをバネにして頑張れている気がします。

Q.休みの日のリフレッシュ法は?

A.ジムに行ったり、ランニングをしたりと体を動かしています。また「フライトレーダー24」という、リアルタイムで飛行機が飛んでいる位置を見られるアプリが好きで、それで着陸の時間をチェックして熊本空港で写真を撮ったりもしています。車も好きなので、レース会場に行って爆音を聞くのにもハマっています。かなりマニアックな趣味ですが(笑)、お客様との会話のきっかけにもできていいですよ。
2020.04.30 19:00 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本西店・岡本
本日は熊本西店・岡本のスタッフインタビューをご紹介します!

入社6年目。場を和ませるのが得意な西店のムードメーカーです。



■大学で都市計画を学び、住宅業界へ

Q.学生時代は何を勉強していたのですか?

A.熊本大学工学部の社会環境工学科で、都市計画や景観、街づくりについて学びました。少子高齢化で空き家が問題になっている地域を訪れたり、住民の方々にエリアの魅力を聞いたりしていましたね。おかげで土地や環境について詳しくなりました。最終試験では自分が好きな河川敷をテーマにして、雨の影響・河川敷を維持する工夫などについてプレゼンしました。

Q.それは今の仕事にもつながる経験ですね。

A.そうですね。県外にも面白いスポットを探しに行ったりしていたんですよ。思い出深いのは、長崎の眼鏡橋です。橋という実用的なものにあえてデザインを入れて、人の目を引くようにしているところに惹かれました。デザイナーって凄いな!と。それから造り手の存在を意識するようになり、周りの建物にも目が行くようになったんです。

Q.東宝ホームへ入社した理由は?

A.たまたま友人に誘われて説明会に行ったのがきっかけです。特に住宅業界に絞って就活をしていたわけではなかったのですが、そこで聞いた住宅の構造の話にすごく魅せられて、一気にハウスメーカーに興味が湧きました。それで気になって他のメーカーにも話を聞きに行ったのですが、やはり最初のインパクトが大きく東宝ホームがいい、と。家の中で一番大事なのは、普段見えない「構造」の部分だと気づかされましたし、実際、構造の話に一番力を入れていたのが東宝ホームだったので、ここで働きたいと思いました。転勤がなく、お客様としっかり向き合える環境にあるのも魅力でした。



■お客様から家庭の温かさ、家族の良さを学ぶ

Q.仕事の上で心がけていることは?

A.身だしなみ、笑顔、明るい接遇などは当然のことですが、それに加えて全てのお客様に目配りできるように気をつけています。特にお子さんのことはいつも気にしています。打ち合わせ中はどうしても退屈すると思いますから、時には自分の携帯を貸して動画を見せてあげたりして、楽しく過ごしてもらえるように工夫していますね。

Q.お客様にお伝えしたいことは?

A.「お客様の好きなように家をつくれます」と言うのは簡単ですし、その方が魅力的に感じるかもしれませんが、家づくりで大切なのは目に見えない部分です。関わったお客様には悔いの残る家づくりはしてほしくないので、たとえ当社でなくとも安心できる性能を備えた家を建てていただきたいと願っています。

Q.プライベートはどのように過ごしていますか?

A.学生の頃からバレーボールが好きで、今もチームに入っています。また昨年、結婚したばかりなので、これから楽しい家庭を築いていきたいですね。お客様を見ていると皆さん素敵なご家族ばかりで、家庭の良さを改めて感じます。これから良い夫婦関係や子育てのポイントを皆様に教わっていきたいです。
2020.03.26 20:07 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本・営業スタッフ和田
本日は営業スタッフ・和田のインタビューをご紹介します。

海外在住経験の豊富な国際派!広い視野を持って家づくりに取り組んでいます。



■台湾から一時帰国。その時、熊本地震が…

Q.前職は何をしていたのですか?

A.台湾の飲食店で勤務していました。就職のきっかけは少し変わっていて、たまたま旅行先で仲良くなった人から「今度台湾に店を出す」と聞いて、「私も働かせてください」と飛びついたんです。
学生時代に海外留学していたこともあり、海外で働くのが夢だったので。勢いで就職したのは若かったからでしょうね(笑)。カレーを出す店で、調理や接客を担当していました。

Q.それからどういう経緯で帰国したんですか?

A.ビザの更新が必要になって実家のある熊本に帰省していた時に、熊本地震が起きたのです。大きな被害を目の当たりにしてとても台湾に戻る気になれず、両親を安心させたくて熊本から転勤のない会社を探して転職活動を始めました。

Q.住宅メーカーを選んだ理由は?

A.地震のこともあり、これからは住宅業界に注目が集まると思ったからです。
そして「自分ならどんな家に住みたいか。結露する家は嫌だ、健康にやさしい家がいい」と探していった結果、たどり着いたのが東宝ホームでした。
もちろん、健康に配慮した住宅は他にもありましたが、一番興味を惹かれたのが東宝ホームだったんです。



 

■お客様に安心して決断していただくため、情報収集は万全に

Q.実際に入社してみてどうでしたか?

A.思っていた以上に温かい職場でしたね!
前職では時間に追われて仕事の話しかできなかったのですが、住宅営業は会話するのが仕事なので、みんな話好きですぐに相談に乗ってくれるんです。プライベートのことも気負わず話せる環境っていいなと思いました。

Q.仕事をしてみて意外だったことは?

A.マイホームを決めるのは人生の一大事なので、じっくりと時間をかけて選ぶイメージがあったのですが、短期間で決断される方が多いのは意外でした。
実情を言うと、良い土地はすぐに売れてしまうので早く決めざるを得ない部分もあるんです。そのため、営業はお客様に安心して決断していただくための材料をいち早く用意しなければなりません。
私も「次までに調べます」ではなく、先読みして土地情報、周辺環境、補助制度などお客様にメリットがある情報をあらかじめ集めるようになりました。

Q.苦労したことはありますか?

A.前職では長時間お客様と話すことがなかったので、最初は会話を続けるのが大変でした。用意していた話題を全部話し切ってしまって途方に暮れたこともあります(笑)。
そんな時先輩から「まずはお客様の話をよく聞くことだよ」とアドバイスしてもらい、ずいぶん助けられました。いかにお客様が質問しやすくするか、の方が大事なんだと気づいて。

今では「他で相談できなかったこともあなたには話しやすい」と言っていただくことも増え、心を開いていただけるようになったのが嬉しいですね。今後は先輩方のように資格をもっと取って、ご提供できる知識量を増やしていきたいと思っています。

Q.休日のリフレッシュ法は?

A.最近海釣りにはまっていて、ようやく道具を一式そろえて本格的に始めたところです。釣りの上手なお客様もいらっしゃるので、教えていただきながら上達したいです!
2020.01.30 01:48 | 固定リンク | 会社・スタッフ
東宝ホームは今年で創業53年。お客様と共に飛躍の年へ!
明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。
新しき年、皆様のご要望に、より一層お応えできるよう、さらに精励してまいります。

さて新年初となる今回は、東宝ホームのこれまでの歩みを振り返り、家づくりにかける想いを改めて紹介したいと思います。





■家づくり歴、半世紀以上。実績があるからこそ自信を持って建てられる

東宝ホームは昭和42年、北九州市で開業し、今年で創業53年。それ以来九州を中心に地域密着型の家づくりに励んでまいりました。熊本支店は開設から8年目を迎え、熊本の皆様へも少しずつですがお認めいただけるようになりました。

【人は健康で長生き。家は頑丈で長持ちしなければならない】というのが、東宝ホームの住まいづくりの基本理念です。

お客様が健康で永く住める家をめざして、【快適な住環境】と【耐久性の高い構造】を追求し続けてきました。

現在の東宝ホームの家は、これまでに蓄積してきた研究の集大成です。

室内を一年中適温に保ち、湿気を排除する「外断熱ハイブリッド・エア・コントロール住宅」。

これは当社独自の技術によるもので、長年の実績があるからこそ、自信を持ってお客様へお勧めできるのです。





■出迎え三歩、見送り七歩。ご入居後も続くお客様との末永いお付き合い

永く住める家だからこそ、お客様とのお付き合いも末永く続けていきたい。

東宝ホームでは「家が建ったら終わり」ではなく、お客様との「ご入居後のお付き合い」を大切にしています。

当社の企業理念【出迎え三歩、見送り七歩】とはそういう意味で、充実したアフターサービスと安心のサポートシステムをご提供することが当社の使命です。

原則的にスタッフの転勤もないので、慣れ親しんだスタッフがずっとお客様をサポートさせていただきます。

もちろん熊本支店のスタッフも、地域に根差した地元を愛する者ばかりです!家づくりを通じて住みよい街づくりにも貢献していきたいと考えています。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
2020.01.09 02:52 | 固定リンク | 会社・スタッフ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本西店店長代理・井上
本日のスタッフインタビューは、東宝ホーム熊本西店店長代理・井上をご紹介します!

入社8年目。営業職でありながらインテリアコーディネーターの資格も持つスタッフです。



■輸入家具業界から転身し、家づくりに邁進

Q.東宝ホームに入る前は何を?

A.輸入家具業者で十数年間勤務し、海外へ商品の仕入れに行ったりしていました。ですがもともと建築に興味があったこともあり、30代で転職を決意。開設されたばかりの東宝ホーム熊本に入社しました。住宅業界は初めてで、一念発起しての入社でしたが、仕事のスケールの大きさが何よりの魅力でしたね。前の職場でインテリアコーディネーターの資格を取得していたので、前職の経験も生かせていると思います。

Q.東宝ホームの家の強みは何だと思いますか?

A. やはり構造です。私は【木造最強の家】だと思っています。日本の気候に合わせて湿気が溜まりにくい仕組みになっていますし、耐久性にも非常に優れています。実際、お客様から「住み心地が歴然と違う!前住んでいた家は湿気がひどかったけれど、今は結露がほとんどない」というご感想をよく伺うんです。それから数年前の熊本地震の際にも被害は最小限に抑えられ、「東宝ホームを選んで良かった」という有り難いお言葉をいただきました。



■お客様の潜在的な想いまで形にしたい

Q.仕事の上で心がけていることは?

A.お客様がおっしゃる内容はもちろんですが、言葉に表されない潜在的な想いまでをくみ取って提案につなげられるよう注力しています。家づくりは家族の運命を左右する大切なことなので、お客様は昼夜問わず家のことを考えておられると思うのです。ですから営業スタッフはそれ以上に熱い気持ちでお応えしなければなりません。土地探しに関しても同じです。よく上司から言われてきたのは「お客様は一生そこにお住まいになる。だから朝昼晩、晴れ、雨の日の状況までよく確認した上で提案しなさい」ということ。そこまでやってこそ、自信を持ってご提案できるのだと思います。

Q.お客様に言われて嬉しかった言葉は?

A.「もう一軒あなたと建てたい」。実は以前、私が担当させていただいたお客様の家が、道路拡張で建て替えが必要になったんです。その方が、「やっぱり東宝ホームの家でないと困る。真冬なんか家の中と外の気温、全然違うから。もう一度お願いします」とおっしゃってくださったのは本当に嬉しかったですね!当社で建ててくださったお客様との交流を大切にして、これからもサポートさせていただきたいです。
2019.12.19 02:57 | 固定リンク | 会社・スタッフ