TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
TOHOリフォーム&空き家再生、新スタート!
東宝ホーム熊本では、この度、リフォーム・ストック事業部門を新設し、古くなったお家のリノベーションや空き家再生に注力することになりました!

当社ではこれまでもOB様邸のメンテナンスやリフォームに対応してきましたが、今後はより規模を拡大し、既存住宅の資産価値を維持・向上する活動に取り組みます。


■行政も力を入れている空き家再生事業


近年、古くなった家に誰も住まなくなって放置されてしまう「空き家問題」が、全国各地で注目されるようになってきました。


空き家が増えている原因としては、少子高齢化で日本全体の人口が減っていること、高齢者が老人ホームなどに転居して自宅を空ける状況が増えたことなどが挙げられます。


しかし、空き家が増えると①地域に住む人が減ってインフラの維持が困難になる②雑草が伸びて景観が悪化し、倒壊の危険もあることから、行政や民間企業が対策に乗り出しているのです。


熊本市にも、賃貸物件を含めると数万棟の空き家があると言われていて、市役所には「空き家対策課」という専従の部署が設置されています。


※詳しくはこちらをご覧ください。


https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=5&class_set_id=3&class_id=2620 


このような社会状況を鑑みて、東宝ホーム熊本でも「皆様の大切な住まいを、少しでも長く有効に活用できるようにしていこう」と決意しました!


■地域密着のハウスメーカー、東宝ホームだからこそできること





東宝ホーム熊本のリフォーム・空き家再生(ストック事業)には、以下の特徴があります。

建物状況調査(インスペクション)の資格を持つスタッフが、お客様のお家の状態を正確に診断します。


○新築で培ってきた耐震性能・断熱性能、設計デザインのノウハウを生かし、今あるお家をより快適に、安全に、デザイン性の高い住まいへとリノベーションします。

○新築のお客様へ提供してきた心のこもったアフターサービスを、リフォームのお客様にも実施します。

○不動産開発部門で蓄積してきたデータを活用し、将来的には空き家の売却相談からリノベーション再販にまで対応していきます。

また、新たにリフォーム専任の課ができたことで、新築をご購入いただいたお客様に対しても、より充実した内容のリフォームをご提案できると考えています!

【リフォーム課課長・山中からのメッセージ】

「昔は『木造住宅は20年経てば価値がなくなる』とも言われてきましたが、技術が進歩した現代においては、既存の住宅を大切に守り継いで資産価値を高めていくことも可能になったと確信しています。『水道の蛇口を新調したい』などの小さなリフォームから、『古くなった実家をリノベーションしたい』といった大規模工事まで、お気軽にお問い合わせください!また空き家でお困りの方からのご相談も随時お待ちしています。今すぐでなくとも、将来的に貸したい、売りたいというお考えのある方には、その準備のために必要なことや、有効なご活用の方法をご提案いたします」

リフォーム・空き家に関するご相談はこちらから!

https://kumamoto-toho.com/reform/ 

\宿泊体験ができるモデルハウスはこちら/

2022.08.30 14:59 | 固定リンク