TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
今、平屋が面白い!住みやすい平屋をつくるポイントを紹介
東宝ホーム熊本では、施主様のご厚意で施工現場の見学会を開催することがあります。
そんな機会に最近、来場者の人気を集めているのが【平屋】なんです。

平屋はコストが高い、防犯面で心配…と、避けられていた時代もありましたが、建築技術が進んだ今では、むしろ平屋の方が安く便利につくれる場合もあるんですよ。

そこで今回は、平屋の欠点を補う工夫と、2階建にはない魅力をご紹介しましょう!





■平屋の価格は2階建とほぼ同等。デメリットは工夫次第で解消できる!

まず、「平屋は高い」と言われていますが、実際のところそうでもありません。

2階建に比べると土地の広さが必要になりますが、階段やバルコニーをつくる必要がない上に延べ床面積は2階建よりも小さいため、工事費用は案外安くて済みます。

間取りにも寄りますが「総額としてはほぼ変わらない」というのが、数多くの家を手がけてきた当社の見解です。

また「平屋だと窓を開けて寝られない」「洗濯物を1階に干すのは目立って嫌」という理由で2階建を選ぶ方もいらっしゃいますが、これも簡単に克服できます。

例えば、スイッチ1つでスリット(換気口)が開くシャッターを取り付ければ、プライバシーを守りながら夜風に当たることができます♪

また屋内にランドリールームをつくることで、視線や花粉・火山灰を気にせずいつでも洗濯物が干せるようになりますよ。

※スリット付きのシャッターはシーズンテラス出水のモデルハウスで見ることができます。興味のある方はぜひご来店ください!



■自由設計ならではのユニークな間取りを提案します

平屋のメリットとしては、「家の中に段差が少ないので高齢になっても安心して暮らせること」「同じフロアに家族が集まるので、コミュニケーションが増えること」などが挙げられます。

ワンフロアなので掃除も楽♪年を重ねるほど利便性を実感できるのではないでしょうか。

平屋をつくる際の注意点としては、中廊下が多くなるので暗い空間が生まれやすいことが挙げられますが、採光の仕方を工夫すれば問題ありません。

また間取りがワンパターンで個性に欠けると思われるかもしれませんが、当社では小屋裏を活用して隠れ家のような空間をつくったり、バルコニー風の開放感のあるスペースをつくったりと、ユニークな平屋をたくさん手がけてきました。

経験豊富な建築士がご家族に合う間取りを提案しますから、安心してお任せください!
2020.02.20 01:42 | 固定リンク