TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

自宅からモデルハウスが見学できる♪ インスタライブ始めました!
「モデルハウスに行ってみたいけれど、忙しくて時間がない」、「遠方に住んでいるから行くのが大変」という方に朗報です!


自宅にいながらモデルハウス見学をお楽しみいただけるように、営業スタッフがライブ配信を始めました♪



■家づくりに役立つたくさんの情報を配信




東宝ホーム熊本のInstagram公式アカウントでは、5月から週に1回のペースでライブ配信を行っています。


↓こちらから過去の配信動画をご覧いただけます
https://www.instagram.com/tohohome_kumamoto/channel/
さまざまな理由で展示場に直接ご来館いただくのが難しい方や、新型コロナウイルス感染症の影響で外出を自粛されている方のため、家づくりに役立つ情報をご提供したい!というのが目的です。


毎回、営業スタッフが2,3人でチームを組み、楽しくご案内をさせていただいています♪



撮影前には「ここで一旦止まってこの設備をご紹介しよう」「こういう風に映した方がお客様に伝わりやすいのでは?」など、みんなで知恵を絞って入念にシミュレーション。大切なお話をお伝えし忘れないように、カンペを出す担当のスタッフも待機しているんですよ。


これまでにはKKT総合住宅展示場や熊日RKK住宅展、シーズンテラス出水のモデルハウスなどをご紹介してきましたが、視聴者さんからは「全部見て回る暇がなかったので、自宅で観られて良かった」といった嬉しい反響を頂いています。


既にご入居されているご家族やご成約いただいているお客様からも応援メッセージやアドバイスを頂いたり、「収納や食洗器の詳しい使い方が分かって勉強になった」といったお声を頂戴することもあり、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです!




皆様に「実際にも行ってみたいな」と思っていただけるような内容にすべく、時には収納の中に入り込んでサイズ感をお見せするなど、体を張ってレポートしています(笑)。


スタッフの奮闘ぶりにもぜひご注目いただき、親しみを感じていただけますと幸いです。


配信前にはInstagramやホームページで告知を出しますのでどうぞお見逃しなく!



■オンラインでの相談も好評受付中!


熊本支店ではライブ配信以外に、オンライン相談にも力を入れています。

物件探し、土地探し、資金計画などのライフプランニング、リフォームなど、さまざまなお困りごとをスマートフォンやタブレット、パソコンを通じてご相談いただくことが可能です。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

オンライン相談はこちらから↓
https://kumamoto-toho.com/reserve/


もちろん、直接対面でのご相談も随時お待ちしております♪
2020.08.06 16:18 | 固定リンク | 家づくり
#StayHome で家にいる時間が増えた貴方に…光熱費とワークスペースの話

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年に入って外出自粛し家にいる時間が増えたという方も多いのではないでしょうか?

 

滞在時間が増えるほど、気になるのが光熱費。特にエアコンが不可欠な夏の間は、日中家にずっといると驚くほど電気代が上がっていた!ということも…。

 

これから家を建てるなら、光熱費が安い家に限ります!

 

■実証済み!東宝ホームの家は光熱費が安いんです



4人家族が住む家の平均的な電気代は約2万円、ガス代を含めると合計約34,000円くらいだと言われています。

 

一方、東宝ホームの家(オール電化)にお住まいのご家族の場合は太陽光を設置していなくても8,000円~11,000円くらい。ご家族の人数や暮らし方によって多少の前後はありますが、「電気代が5,000円台の月もあってビックリした!」というお客様もいらっしゃいます。

 

↑お客様が明細書を担当スタッフに送ってくださいました!

 

なぜ光熱費が安いのか。それは東宝ホームが家全体をまるごと断熱材で覆う「外断熱工法」を採用しており、エアコンの効きが良いので冷暖房費が抑えられるからなんです。

 

例えばペットボトルのお水を冷蔵庫から出すと、外気温で温められてぬるくなってしまいますが、魔法瓶に入れた冷たいお水は外気に触れないのでずっと冷えたままですよね?

 

家も同じで、断熱材でしっかり覆って外気の熱を伝えないようにすれば、屋内は少しのエアコンで涼しく保てるんですよ♪

 

コロナ禍の影響を受けて今後は在宅ワークが普及していくとの予測もあります。

家にいる時間が増えるなら、ますます家の性能が大切になるのではないでしょうか?

 

 

■急なリモートワークにも慌てない!あれば便利な多機能スペース


 

それでは「急にリモートワークをすることになった!」という場合、どうやってワークスペースをつくれば良いのでしょうか?

 

熊本支店のモデルハウスを例に考えてみました。

 

1.寝室のカウンターが使える!


 

 

例えばRKK総合住宅展示場の寝室奥にある造作カウンター。パソコンを広げても窮屈しない広さで使い勝手抜群です。リモートワークに限らず、読書や裁縫などの趣味スペースとしても活用できますから、予めつくっておくと便利ですよ♪

 

実際お客様からも「寝室にカウンターが欲しい」というご要望をよく頂きます。

 

2.リビングでお子さんと一緒に集中!


「家にいると子どもに仕事の邪魔をされて困る…」というお話も聞きますが、発想を変えてお子さんと一緒に仕事をしてみてはいかがでしょう?

 



こちらはシーズンテラス出水にある宿泊体験展示場のリビングです。角に設けた作業デスクをパパ・ママのお仕事用、ダイニングテーブルをお子さんの勉強用に使い、「一緒に○時間集中しようね」と誘ってみるのもいいかもしれません。

 

 

このように多目的に使えるスペースをつくっておけば、急な生活スタイルの変化にも臨機応変に対応できます。

 

間取りのご相談も、ベテラン建築士が在籍する東宝ホームにお任せください♪


2020.07.16 12:00 | 固定リンク | 家づくり
リアルサイズの暮らしを体験できる!【シーズンテラス出水モデルハウス】

東宝ホーム熊本支店です。

 

先日の豪雨により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。



本日はゆめタウンはません側、シーズンテラス出水のモデルハウスをご紹介します。

 

一般住宅に近いサイズ感なので、間取りやデザインを参考にしやすいモデルハウスです。

 

お客様に人気のポイントはどこでしょうか?






■意外性あり!見れば真似したくなるちょっと珍しい間取り


 

こちらのモデルハウスは、ありそうでなかなか見かけない珍しい間取りが特徴です。






例えば、和室の代わりに設けられた3畳ほどの小部屋。

スタッフが「いろいろ部屋」と呼んでいるこの部屋は、お子さんの遊び場やアイロンがけなどの家事スペース、物置き、ご主人の書斎など多目的に使いやすいサイズ感が特徴です。

 

今年急増したリモートワークのための部屋としても理想的。窓が大きいため閉塞感もなく、お仕事がサクサクはかどりますよ♪






そして2階にお風呂&サニタリールームなどの水廻りがあることにも、多くの方が驚かれます。

変わっているなと思われるかもしれませんが、2階にお風呂があれば来客があっても気にせずいつでも入浴できるので便利なんです。

 

また洗濯機を2階に置くことで、階段を上り下りせずに洗濯物をバルコニーに干すことが可能に。外干し派さんにとっては家事がずいぶん楽になります。

 



 

この2階のバルコニーは軒が深いので、洗濯物が濡れにくくて使いやすいんですよ。ご見学の際はぜひご注目いただきたいポイントです!

 

 
■女性スタッフ人気はお洒落なキッチン♪優雅なウッドデッキも◎


 

 

女性スタッフはデザイン性の高いキッチンがお気に入りです。フルフラットでスッキリした印象のため、周りのお洒落なインテリアの雰囲気を壊しません。

 


 

ウッドデッキも素敵だと思いませんか?リビングとの段差がなく外との繋がりが感じられ、屋外の景色をそのまま日常の風景に取り込むことができます。

 

 

こちらは木目調のタイルデッキを使用しているのですが、これを気に入って同じものをご自宅に取り入れてくださったお客様が複数いらっしゃいました♪樹脂製よりもお手入れが楽なのもメリットです。

 


■隣の宿泊体験展示場にもお越しください


 

モデルハウスの隣には宿泊体験ができる展示場もあります。

 

こちらの展示場は玄関そばにある客間用の和室や、将来は2つに分けられる広い子ども部屋が人気ですよ。これから暑くなる時期にお越しいただき、館内の涼しさも体感してみてくださいね!

 

ご見学のお問い合わせはこちらからお願いします↓

https://kumamoto-toho.com/reserve/

 

2020.07.09 19:00 | 固定リンク | 家づくり
湿気を溜めない!「呼吸する家」のヒミツ
まもなく梅雨に入り、雨の日が続くことも多くなりますね。
梅雨の季節といえば空気がジメジメ、ベタベタして不快に思われる方も多いはず。


実はその不快感、人間だけでなく家にとっても良くない影響を及ぼします。



↑一般住宅で起こりやすい結露


■壁の中や床下の湿気は家にとって大敵です!

梅雨の季節、空気がジメジメと湿っぽくなるのは、部屋の中に限ったことではありません。

実は壁の中や床下の空間にも湿気が溜まり、蒸れたような状態になっています。

さらに湿度が高くなるとカビが生え、木材の腐れ、シロアリの温床になってしまう危険性が!

湿気を溜めこむことは人の健康に悪いのはもちろん、家の健康にも害を及ぼしてしまいます。

普段は目に見えない部分なだけに、気をつけておく必要がありますね!




■東宝ホームの家は呼吸する!





そこで東宝ホームの家には「ハイブリッド・エア・コントロール」という壁体内空気循環システムが採用されています。

このシステムを使って、夏は外の空気を、熱交換器という装置を使って減湿・清浄しながら壁の中に取り込みます。それを冷んやりとした床下の空気で冷まし、家全体に循環させ、こもった空気を外へ排出する仕組みになっているのです。


まるで人が呼吸するように、家もよどんだ空気を吐き出すんです♪これで湿気がこもりません!

また冷やした空気を循環させることで、冷房が効きやすい状態になるのもメリットです。




一方、冬は空気がカラッとしていて通気の必要がないため、吸気・排気システムをオフにします。そして地熱で温められた床下の空気を壁の中に満たすことで、外の寒気をシャットアウト!効率よく暖房を効かせるようにしています。







■手をかけてあげれば、家はもっと元気になる!

ここからは東宝ホームの家に既にお住まいの方へのアドバイスです♪

エアコントロールシステムのスイッチをベストなタイミングでオン・オフしてあげると、家はもっと元気になります!

スイッチを入れるのに最適なシーズンは、暖かくなる4月頃です。
そして外の湿度がとても高い6月頃は、いったんスイッチをオフにして湿気が入るのを防ぎます。


再びスイッチをオンにするのは、暑さが厳しくなる8月頃。冷房効率がグンとアップします!

そして寒くなり始める11月にはスイッチを切って、暖かい室内環境を満喫してください♪

このようにちょっとだけ手をかけてあげれば、家はもっと健康に、元気になります。
手入れをすることで愛着が湧き、もっと我が家が好きになるはず!


ぜひ参考にされてください♪
2020.06.11 19:00 | 固定リンク | 家づくり
プライベート空間を贅沢に愉しむ家【KKT総合住宅展示場】
本日は、KKT総合住宅展示場の人気スポットをご紹介します。







開設から8年が経つこちらのモデルハウス。今なお多くの来館者を魅了してやまない理由は、洗練されたデザインと機能性の高さにあります。

お客様が思わず足を止めて見入る場所とは?

■Point1:これぞ、大人の書斎!寝室横の小上がり



来館されたお客様に一番人気なのが、寝室の奥に設けられた小上がりの畳カウンターです。

小上がりの和室のあるモデルハウスはたくさんありますが、寝室横に書斎として活用している例はとても珍しいのではないでしょうか?

細長い4.5帖のスペースながら、カウンター付きなので読書に、パソコン作業に…とさまざまな用途に使えます。





そして、座ってみればわかるこの居心地の良さ!広すぎず、狭すぎない程よい空間は、まさに大人の隠れ家です。

「ぜひ真似したい」とおっしゃるお客様が多いのもうなずけます♪

■Point2:性能の違いがわかる大空間の吹き抜け






リビングから2階へとつながる大きな吹き抜けは、開放感があってとても気持ちのいい空間です。

何となく「吹き抜けのある家がいいな」とお考えの方は多いと思われますが、実は吹き抜けこそが家の性能の違いがはっきりと分かるポイントなんです。

家の中の熱は下から上へ逃げてしまう性質があるので、吹き抜けをつくると通常、足元が冷えてしまいがち。冷暖房効率も悪くなってしまいます。

ですが東宝ホームの外断熱工法なら、断熱性能が高く外に熱を逃がさないので、室内を魔法瓶のように一定の温度に保つことができます。そのためこのような大空間でも、年中快適な室温を維持できるんですよ。

お客様の中にも「いろいろ回ってきたけれど、やっぱりここの吹き抜けが一番!」と戻って来られる方がいらっしゃいます。



■Point3:注文住宅ならここまでできる!異空間のバスルーム



最後は、とってもお洒落なバスルームをご紹介します。





和テイストを感じさせる木調の壁と、洋風のバスタブが見事にマッチしていて1つのアート作品のようです!

ここをご覧になったお客様は「わぁ!素敵!」と感嘆の声を上げてくださいます♪
現実的に自宅に取り入れるにはハードルが高いかもしれませんが、注文住宅はこんなにデザインの自由度が高いということをご実感いただけるのではないでしょうか。






ちなみにスタッフの個人的なおススメは、2階のホールです。階段の先に広がる多目的スペースは、セカンドリビング風に使うもよし、お子さんのプレールームにするもよし。いろいろな用途に使えて便利ですよ!




ご見学のお問い合わせはこちらからお願いします↓
https://kumamoto-toho.com/reserve/
2020.06.04 19:00 | 固定リンク | 家づくり