TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
お客様との出逢い×家づくりへの情熱~スタッフSの回顧録~
本日は営業スタッフ・佐藤のお客様との思い出をご紹介します。

最初の出逢いからマイホームが完成するまでには、どのような物語があったのでしょうか?



■ご希望に合う土地を見つけたい。ひたすら探して走り回った

Q.最初に出逢ったお客様との思い出を教えてください。

A.入社して2カ月目の本当に駆け出しの時に、初めてお客様と話をさせていただきました。展示場に見学に来られた方で、数社を回っている中、東宝ホームにも足を運んでいただきました。家の構造に強い関心を持っていらっしゃったので、上司にも入ってもらいながら一生懸命ご説明したのを覚えています。

Q.お客様からは何かご要望はありましたか?

A.県西の方で土地を探しておられると伺ったので、すぐにご提案できる土地がないか探し始めました。ご主人は長期の出張の多い方で、ご自身ではなかなか見て回る時間が取れないとのことでした。そこで私が代わりに少しでもたくさん情報をつかんでお役に立てればと。現地にも何度も足を運び、良い土地が見つかればすぐにメールでお知らせしていましたね。すると、次第にご主人の方からも連絡をいただくようになり、家のプランニングについてもご希望を伺いながら進めていきました。



■「家族の安全を守りたい」というご主人の想いに感銘を受けた

Q.家に関してはどのようなご希望が?

A.東宝ホームのデザインも気に入っていただいたのですが、一番注目されていたのは保証制度や耐震性能についてです。繰り返し確認されていたので、その点は私もしっかりと説明させていただきました。そしてお話を伺っているうちに、出張の多いご主人が「留守中の奥様やお子さんの安全を守りたい」という気持ちを強く持っておられることに気づきまして。何か胸にグッとくるものがありましたね。最終的に当社を選んでいただいたのも、性能にご納得いただいたからではないでしょうか。

Q.打ち合わせなどでの思い出はありますか?

A.まだ新人で不慣れなところもたくさんあったと思うのですが、奥様には時にダメ出しされながらも優しく見守っていただきました。すごく温かいご夫婦で、何度もお会いするうちに「佐藤さん」と名前で呼んでくださるようになったのが嬉しかったですね。今後も安心して生活していただけるよう、サポートさせていただきたいです。
2019.09.12 03:28 | 固定リンク