TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本中央店店長代理・山中
本日は熊本中央店店長代理・山中のインタビューをお届けします。

熊本支店の開設直後に入社し、後進の育成にも携わってきたベテラン営業マンです。





■「住宅業界に新たな風を巻き起こす会社」。そう確信し入社



Q.入社までの経緯を教えてください。

A.以前はある住宅総合メーカーで分譲マンションの企画・販売などをしていましたが、全国に支店のある会社だったので転勤が多く、地元である熊本に腰を据えたいと思い転職に至りました。

正直、東宝ホームのことはよく知らなかったのですが、訪問したその日に入社を決意したんです。というのも、支店長をはじめここで働く「人」に何よりの魅力を感じたから。昔の住宅業界は保守的で自由に意見も言えないような雰囲気でしたが、ここにはワンチームで協力し合いながら動ける環境がありました。

大手企業では実現困難なことを成し遂げているところも凄いと思ったんです。例えば、以前の会社で宿泊体験を提案したことがあったのですが、却下。しかし東宝ホームなら当然のように可能です。新しいことにどんどん挑戦できそうな勢いを感じ、入らないと後悔すると思いました。

Q.仕事で心がけていることは?

A.当社は家の性能が一番の売りですから、分かりやすく丁寧に説明するようにしています。ご入居後に「山中さんの言う通りだった」と言ってもらえると安心して嬉しくなりますね。実際、年末にお引渡しをしたお客さまが家の中の暖かさに驚かれて、年が明けて初売りの日にわざわざ会いに来て報告してくださったこともあったんですよ。実のところ、お客さまに支持されている一番の理由は性能の良さが実感できるところではないかと思います。

Q.得意としていることは?

A.お客さまに気に入っていただけそうな土地を見極める術は身についてきたように思います。以前、ご希望のエリアにどうしても良い空き地がなく、ダメ元でなじみの不動産屋に「賃貸の物件を半分壊して売ってくれないか」と交渉したところOKしてもらい、成約に至ったこともありました。できる限りの努力をしつつ、時には言うべきことは正直に言って、ベストな土地をご提案できるように注力しています。




■チームだからこそ成し遂げられる仕事がある



Q.思い出深いお客さまとの出来事は?

A.部下の小川が入社したての新入社員だった頃に、一緒に担当したお客さまとのやり取りが思い出に残っています。まずは土地を探しておられたので、候補に挙がった30件ほどを小川と一緒に見て回るところから始めました。そしてお勧めした土地を気に入っていただいたところまでは良かったのですが、「他社でも検討したい」と言って一旦保留されたんです。私たちは当社の商品に自信を持っていますから、無理にお引き留めすることは絶対にしません。それでもその後「やっぱり東宝ホームが良かった」と言って戻ってきてくださいました。

Q.それからはスムーズに進んでいったのですか?

A.それが、決まりかけた時に再び他社に行かれたんですよ。比較するものがなかったので迷っておられたのだろうと思いますが、私一人で担当していたらその時点で断念していたかもしれませんね。余計に惑わせるようなことはしたくなかったので、それ以降こちらからはあえて連絡しませんでした。

ですが後日、小川を通じてまた相談のご依頼をいただきまして。そこで改めて「何を不安に思っておられるのか」をじっくりと話し合い、他社のプランで気になるところも伺いながら解決策をご提案しました。すると「東宝ホームで建てます」と、最後にきっぱりと決断してくださったのです。

これは新人だった小川の一生懸命さが伝わり、私も彼に手本を示さねばと努めたからこそうまくいったケースであり、チームで対応したからこそ成し得たことだと思います。東宝ホームの良いところはまさにそこなんです。社員同士がお互いにサポートし合う関係にあるのが一番の強みだと感じています。

Q.休日のリフレッシュ法は?

A.海外のサッカーリーグの試合を観るのが休日の楽しみです。好きな選手は、スペインのセスク・ファブレガス選手。ドリブルしながら走っていても、周囲の選手が追いつけないくらい足が速かったんですよ!目標にしたいのはシャビ・エルナンデス選手でしょうか。プレーヤーでありながら監督の目線も持ち合わせていて、攻撃も守りも得意。イニエスタらと並ぶ名選手です。
2020.09.29 22:46 | 固定リンク | 会社・スタッフ