TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

建築士が語る住まいのアイデア|家の格を上げる間接照明の使い方とは
皆様はリビングをどんな雰囲気にしたいですか?

家族みんなが集まる場所ですから、明るくホッとできる空間がいいですよね?

お客様をお迎えする事も考えて、高級感も欲しい‼

そんな時は、間接照明にこだわりましょう!

今回も当社の建築士・谷にポイントを教えてもらいました。





■家は【間接照明】の使い方が上手いと良く見えます
風格のある料亭や、雰囲気の良い古民家を思い浮かべてみてください。

昔ながらの良い家は、重心の低いところに灯りが使われていました。

下から壁や天井に光を反射させることで、淡い光でも明るさを保ち、室内をドラマチックに、趣のある表情に演出していたのです。

この原理を現代建築に応用した例が、当社のモデルハウスで使われている間接照明のテクニックです。

広いリビングですがダウンライトは3つしか使用せず、代わりに壁際の間接照明で白壁を照らし、部屋全体をスタイリッシュな印象に仕上げています。

色の温度は温かみのあるオレンジ系。これが白壁に当たり、ご家族の顔が照らされると、温かく癒されるような空間になるんですよ。



■間接照明で木目の天井を照らして高級感をアップ!
さらに谷のおすすめは、天井の一部に無垢材を使うこと。

本物の木は光が当たる角度によって模様が違って見えるので、昼間と夜で全く異なる表情が楽しめるんです。

間接照明に照らされた木目の天井…一気に家のグレードが上がって素敵になりそうですね!

このようなアイデアをご提案できるのは、数多くの家を手がけたベテラン建築士ならではです。

気になる方はお気軽にご相談ください!

次回は【家と健康】についてお話しします。
2019.05.16 06:10 | 固定リンク | 家づくり