TOHOブログ

東宝ホーム 熊本TOHOブログ
【スタッフ紹介】東宝ホーム熊本・営業スタッフS
本日は東宝ホーム熊本中央店の営業スタッフ・佐藤に、仕事の魅力や心がけていること、今後の目標について聞きました。



■理系出身の営業マン。人とのつながりを求めて住宅業界へ

Q.住宅営業を仕事に選んだ理由は?

A.大学の専攻は工学部の化学系だったので、研究職に進む人が一般的に多いのですが、私は何か人と関わる仕事がしたいと思い営業職を選びました。とはいえ、もともと押し売りはできないタイプなんです。住宅営業はお客様の課題を一緒に考えて解決していく仕事なので、これは自分に向いているのではと思い志望しました。家が建った後も、お客様とずっと関係が続いていくところにも魅力を感じましたね。

Q.東宝ホームについては、入社する前の印象と比べてどうですか?

A.数字が重視される厳しい業界というイメージだったのですが、実際には違いました。お客様との関係が最優先。家を建てるのがゴールではなく、それよりもアフターサービスが徹底されていると実感しています。また建物の構造が理に適っているので、性能も説得的に説明できますし、隠し事なく正直にお客様へお伝えできています。

■お客様のお悩みを親身になって解決できるようになりたい

Q.仕事をしていて学んだことはありますか?

A.実は、当社での家の購入を断念されたお客様から多くのことを学びました。その方はかなり遠方に住んでおられたので、初回だけ直接お会いして、その後1年くらいずっとメールでやり取りさせていただいていたんです。いろいろなお話をする中でかなり親交が深まっていったのですが、最終的には土地の条件が合わず、ご成約には至りませんでした。ですが後日、その方からわざわざお手紙を頂き、「最初は東宝ホームをよく知らなかったが、いろいろ相談に乗ってくれて嬉しかった。あなた以上の営業はいない」と。不安を抱えておられたお客様の支えになれたことが何よりの喜びで、これこそが営業の仕事の魅力だと思いました。

Q.今後の目標を教えてください。

A.入社した最初の頃に決めたことですが、お客様が家を建てようと思われた背景、今抱えておられるお悩みを聞き、親身になってご希望を叶えられる営業になりたいと思っています。それが結果的にお客様の信頼へつながるのではないでしょうか。
2019.09.19 03:27 | 固定リンク